鉄骨住宅でも和室は欲しい、 日本人ですから。

鉄骨は冷たい!なんて単なる思い込み。
ぬくもりがあって落ち着ける和室をつくることもできます。
自由な発想で最高のくつろぎ空間を見つけましょう。

床に座るという習慣は日本人の中に深く浸透しています。

いまでも落ち着けるスペースとして和室の人気は根強いものがあります。

かつては、茶の間、客間、寝室などとして使われることが多かったのですが、

改まったスペースとして和室をつくると、ほとんど使われないケースも多く、もったいないことになってしまいます。

和室の良さを生かしながら、毎日の生活の中に上手に取り込むために、ここは柔軟な発想で考えてみることです。

典型的な例は、リビングなど大きな部屋の一面または二面を襖で区切り、

普段は和室とリビングをつなげて開放的な空間をつくり、

閉めることで個室になり客間や寝室などとして使うというパターンです。

フローリングのリビングの一角

またもう一つおすすめなのは、フローリングのリビングの一角に

小上がりを設けてそこを畳敷きにしておくと、横になったり、ベンチ代わりに使ったり、

ちょっとした作業ができるスペースになってとても便利です。

他にもリビングをすべて畳敷きにするとか、掘りごたつ式にするとか、

スキップフロアに畳を敷き書斎にするなど、アイデアを無限にあります。

お客様の敷地、家族構成、ライフスタイルを考え、

いろいろな事例を見ながら最高のプランを一緒に作りましょう。

お客様への徹底したヒアリングと提案で、

期待を超える和室プランをご提案します。