【新築建設現場の豆知識】
コンクリ基礎の『強度試験』

お家を建てる上で、欠かせない重要ポイント『基礎工事』。
この基礎工事で使用されるコンクリートの『品質』を検査する
『強度試験』についてご紹介します。

前回、【都内新築住宅建設現場の豆知識】コンクリ基礎の『スランプ試験』(←Click)にて、
家を支える大切な基礎を作るためのコンクリートの品質検査の一つ、スランプ試験についてご紹介いたしました。

今回は、そのスランプ検査から28日目に行うコンクリートの『強度試験』についてご紹介します。

コンクリートの品質を見るために、『スランプ試験』では固まる前の出来たばかりのコンクリートの質をチェックしました。
今回の『強度試験』では、『スランプ試験』時に採取してから28日経過し、固まったコンクリートの質をチェックしていきます。

強度試験の検査機械
こちらが強度試験の検査機械です。
コンクリート柱を設置
設備左側の部分にスランプ試験で採取したコンクリート柱を設置し、耐久性を調べます。

さて、コンクリートの強度の基準は3種類あります。
「設計基準強度」<「品質基準強度」<「呼び強度」の順で高い強度が必要です。

設計基準強度』とは、基準となる強度のことです。
鉄骨造、RC造のお家では一つ一つのおうちで構造の計算をして数値を割り出します。

品質基準強度』とは、机上の数値である『設計基準強度』に
コンクリート品質のばらつき、施工管理等を考慮してさらに基準を引き上げた強度のことです。

呼び強度』とは、『品質基準強度』に気温変化、強度のばらつきなども考慮に入れ、
さらに基準を引き上げた強度
のことです。

このように建築工事の現場では、設計上の強度にさらに様々な条件を加味した
厳しい基準を設けることで、1棟、1棟安心して暮らせる住まいづくりを実現しています。