【新築建設現場の豆知識】
コンクリート基礎の『塩分濃度測定』

RC・鉄骨造住宅を建てる上で欠かせない重要ポイント『基礎工事』
この基礎工事で使用されるコンクリートの『品質』を検査する
『塩化物含有量測定』についてご紹介します。

【新築住宅建設現場の豆知識】コンクリ基礎の『スランプ試験』(←Click)
【新築住宅建設現場の豆知識】コンクリ基礎の『強度試験』(←Click)にて、
家を支える大切な基礎を作るためのコンクリートの品質とそれぞれの検査方法についてご紹介いたしました。

今回は、コンクリートに含まれる塩化物量の観点からコンクリートの質についてご紹介します。

鉄骨造、RC造に使われるコンクリート。その中には塩化物が含まれています。
塩化物はその名に塩とつくように、鉄筋などを錆やすくさせ建物の強度を劣化させる要因になります。
また、塩化物はアルカリ骨材反応と呼ばれる、コンクリートの劣化現象をも引き起こす要因となります。
コンクリートの劣化現象
(アルカリ骨材反応は、コンクリート中のアルカリ性水溶液が骨材と呼ばれる
砂利や砂の特定の成分と反応することで、異常膨張や膨張によるひび割れを引き起こします。)

そのため、出来たばかりのまだ柔らかいコンクリートに塩化物が
どのくらい含まれているかの調査が今後の建物の安心・安全のためには必要不可欠です。

塩化物の含有量測定では、塩化物の構成要因である塩化物イオン(Cl)が
どの程度含まれているかで判断します。
コンクリート中の塩化物含有量測定記録表
こちらは実際の現場で行われた調査の結果です。
この現場では判定基準の0.30㎏/㎥を大きく下回る0.02㎏/㎥でした。

弊社では、工事を行う現場ごとにこのコンクリートの塩分濃度測定を行い、
安心・安全の住まいづくりを行っております。

東京での新築計画。RC・鉄骨造住宅を建てるなら、
素材品質・管理体制にもこだわられてみてはいかがでしょうか?