隙間を生かす造作収納で
空間を無駄にしない工夫
【壁面収納編】

住宅が密集して広い土地が確保しにくい東京での新築計画だからこそ、
限られたお土地を10㎝も無駄にしない設計工夫で最大活用
しませんか?今回は、壁面収納ついてご紹介します!

住宅や様々な建物の密集する東京には、いわゆる狭小と呼ばれる建坪の建物が沢山あります。
そんな東京での新築計画だからこそ、僅かな空間も無駄にせず最大限に活用したいですよね。

今回から、「土地を最大限に活用し少しの空間も無駄にしない新築計画をしたい!」と
お考えの方にぜひ取り入れて頂きたい、わずかな空間を生かした適材適所の設計工夫をご紹介します!

第一弾は、弊社の得意とする壁面収納についてです。
壁面収納といっても色々な種類があり、
スッキリと収納わずかな空間を生かす
スリッパ収納やタオルかけなどの、スッキリと場所を取らずに収納してくれるものから、
おしゃれな飾り棚場所をとらない収納
コーディネートにも関わってくるおしゃれな飾り棚まで様々です。

壁面収納を作ることのメリットは、なんといっても、場所をとらないことです。

玄関にスリッパ置きを置いたり、脱衣所にタオル用のかご、トイレに掃除道具やトイレットペーパーのストックなど、
ちょっとしたものでも足元に置かれていると何かと邪魔だったり、手狭に感じたりしますよね。
壁面収納を作ることで、そういった雑多も見栄え良くスッキリと収納できます。

また、場所を取らないことから、階段スペースなどの物を置けない空間や、少しでも部屋を大きくとりたい場合など、
好きな雑誌やインテリアをスッキリ飾ることが出来るのも魅力の一つです。

そんな壁面収納ですが、壁面に作るという特性上いくつか注意点もございます。
1つ目は、壁に埋め込みで作るため、壁面収納が作れる壁、作れない壁があることです。
2つ目は、壁に作る収納のためあまり奥行きがあまりとれないことです。
「壁面収納を生かして大容量の収納スペース!」とはいかないので、あくまでも
適材適所のポイント収納として考えるのが大切です。

「こんな場所にこういった収納を作りたい」「他にはどんな収納があるの」「収納を作れる壁・作れない壁って?」など、
少しでもご興味頂けましたら是非お問い合わせください!