【現場キレイ】
欠かすことの出来ない現場
管理の取り組みをご紹介!

新築工事はどうしても騒音や振動が発生してしまい、近隣住民の方には
ご迷惑をおかけしてしまうのが現状です。そこで、少しでも
近隣の皆様に快いと思って頂ける様な現場作りを行っています。

住宅を新築する際には、地盤改良やコンクリート施工など
大きな音や振動が出てしまう工程が少なからずあります。
まして、住宅密集地やビルが多く建つ商業地の多い東京では他の都道府県に比べ
1つの建築現場に対して多くの住民・関係者の方がその影響下にあります。

今回は、そのようなご迷惑をおかけしてしまう近隣の方に少しでも
快いと感じて頂けるように、弊社が取り組む『現場キレイ』の活動、
その一例として工事中の現場キレイ維持についてご紹介します。
弊社が取り組む『現場キレイ』
こちらは、都内某所で行われたRC鉄骨住宅づくりの工事現場です。
周囲を囲む建物からも分かるように、空間を無駄なく活用するため
建築上の制限ギリギリの広さでの建築を行っております。

そのため、家を建てるための資材や工事の際に出た資材の切れ端など、ゴミの
置き場所の確保が重要なポイントとなってきます。
その解決策として、工事監督によるこまめな資材・ごみの搬入・搬出管理と、
現場で作業をする職人さんの整理整頓・現場清掃の意識の徹底を行っています。

必要な資材が随時供給されるように搬入
現場における資材には限りがあるため、
工事の工程1つ1つに合わせて必要な資材が随時供給されるように搬入し、
また、工事の過程で発生したゴミもため込んでから捨てるのではなく、
こまめに搬出することで省スペースでの資材・ゴミの管理を実現。
種類ごと、大きさごとの整理整頓
また、部材に関しても乱雑に積み上げるのではなく
種類ごと、大きさごとの整理整頓を心がけおります。

また、弊社では会社として現場キレイにこだわり、
工事スタッフ以外でも定期的な現場清掃を行っております。
現場内外ともにキレイで快い環境づくり

これから皆様が長い時間を過ごす新築だからこそ、
近隣の皆様とも快い関係を築き上げられるよう、
弊社では、現場内外ともにキレイで快い環境づくりを心がけています。
東京での新築計画をお考えの方は是非弊社の工事現場を見にいらしてください!