2018.12.06

木造住宅と鉄骨住宅を徹底比較 どちらが良いのか解説

木造住宅と鉄骨住宅の魅力

木造住宅、RC(鉄筋コンクリート)住宅、鉄骨住宅など、日本全国にはいろいろな形の住宅があります。その中でも木造住宅は現在でも多くの家屋が該当しているのではないでしょうか。木から与えられる温かみや安らぎなどから昔ながらの木造住宅に住みたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。その反面地震などにも強そうな鉄骨住宅に住みたいなど、住みたい住宅の形やニーズは人それぞれです。今回は、木造住宅と鉄骨住宅の魅力に注目します。そしてそれぞれのメリットやデメリットなどから、この二つを住宅を比較してみましょう。

 

お互いの住宅の特徴を把握しよう

お互いの住宅の特徴

ひとことで住宅と言っても、いろいろな構造や工法など日々進化しています。RC(鉄筋コンクリート)造や鉄骨造など、昔にはなかった工法や技法が進歩を遂げ続けている日本の建築物ですが、やはりそんな中でも昔ながらの木造住宅も多くの支持層があるのは実状です。ここではお互いの住宅の特徴を把握し、お互いの違いを認識しましょう。片一方の情報だけで判断するのはもったいないです。二つの違いを確認し、その中から自分に合う住宅を見つけましょう。

■ 木造住宅とは

長い建物の歴史の中で昔にはなかった鉄骨住宅やRC住宅など、いろいろな技術の進歩が結晶となり今はいろいろな建物が建てられています。木造住宅は昔と変わっていないのかと聞かれたら、そんなことはありません。もちろん他のものが進化することと同様に、木造住宅の技術も進歩しています。ひとことで言えば「良き部分は残し、今のライフスタイルに合わせて変化」している感じでしょうか。ですから木造住宅は、名前の通り木で作られた家です。ですがいろいろな工法によっていくつかの種類で建てられています。そして木造住宅で一番の心配材料は「火災」の部分でしょう。木でできている家だから、すぐに燃えてしまうのではないかと不安を感じている部分は否めません。ですが、「木は実は燃えにくい」という特徴があるということもしっかり知っておくことも大切です。木自体、表面は燃えやすい素材です。ですが表面が燃えることで炭化という現象が起きます。その現象によって中心部まで燃えるのを防いでくれています。例えば木が燃えてできたものには炭などがあります。高級な備長炭などはぶつけても壊れず、強度も高いです。ですので木造住宅の柱などが完全に燃えるまでには、かなりの時間がかかります。RC住宅や鉄骨造住宅との大きな違いは、家自体の荷重です。木は軽く、丈夫なものの代表です。家自体の荷重の中では一番軽く、地盤に対しての不安度は他の構造より低いでしょう。

■ 鉄骨住宅とは

鉄骨住宅は、構造体に鉄骨を使い地震を想定しているので非常に高くなっています。そのため鉄骨住宅には構造計算を行わなければいけません。ですが建物は建ってしまうと見えなくなる部分も多くなりますから、この構造計算により算出される耐震性は、目に見える安全のひとつとして有効です。また耐久性も防錆塗装を行うことにより、劣化を防止することも可能です。そして一番の特徴として、木造住宅より柱をある程度好きな場所に建てることが可能なので、自由な間取りや大きい空間を設けることができ、デザイン性の広がりは格段に良いのが鉄骨住宅の強みです。そして鉄骨住宅には大きく分けて2つの種類があります。それは軽量鉄骨と重量鉄骨です。軽量鉄骨住宅とは、大量に生産するプレハブのような細い骨組みで組まれています。そして重量鉄骨住宅とは太い柱と大きな梁で組まれた骨組みで組まれています。

 

お互いの住宅のメリット・デメリットはなに

お互いの住宅のメリット・デメリット

木造住宅や鉄骨住宅では、使用している素材などの違いもありメリットもデメリットも違ってきます。お互いの良さや課題などを知ることは、住宅を選ぶ上で重要です。しっかりとお互いの違いを解説します。

■ 木造住宅のメリット

1.建築費用が抑えられること

鉄骨住宅に比べて木造住宅の建築コストの部分は、最大の魅力です。使用する木材の種類によって差は出てきますが、鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造に比べて木造住宅の材料費は安価に抑えられます。そして何よりの違いは構造体の荷重の違いです。木造住宅は構造体が軽いため、基礎工事にかかる手間が格段に違いが出ます。ですのでその分の費用も抑えられる訳です。そして鉄骨住宅には、柱に耐火処理や防錆処理が施されます。木造住宅自体、内装の下地材や木材自体の厚みで耐火効果を持てる特徴から処理の必要もありません。

2.間取りやデザインの自由度が高いこと

木造住宅の構造は、基礎と土台、そして柱と梁で強度を保ち、屋根を支えています。家の基本は構造体にありますのでこれらの構造体がしっかりしていれば、それ以外の部分では自由度は高まります。リフォームや増築への適応能力に対しても柔軟に対応することができます。そのため、長年暮らす予定の住宅として長く選ばれている部分でしょう。そして何より自然素材を使った住宅や光熱費ゼロの住宅、驚くほどローコストな住宅など、選択肢の多さもメリットとして上げられます。価格の部分でも間取りやデザインの部分でも、納得のいく自分の理想にあった家づくりが可能なのです。

3.木材の持つ調湿効果力

木材という素材の持つ力のひとつに、調湿効果があります。その特徴を活かし室内を湿度を調節してくれます。そのため家の傷みに直結しやすい結露やカビの発生を比較的に抑えることができます。住宅とは、人生の大部分を過ごすことになる人生のキーポイントです。家族全員が元気に、楽しく、そして何よりリラックスできることはとても大切です。

■ 木造住宅のデメリット

1.耐久性の弱さ

木の素材自体は丈夫なものですが、耐久性の部分では鉄筋コンクリートや鉄骨構造に比べるとどうしても劣ってしまいます。どの構造の住宅も同様ですが、定期的なメンテナンスと住み方によっては長く住み続けることもできます。気をつけたいポイントとして上げられる部分としては、防蟻点検や配管関係、そして外装のメンテナンスです。そして木造住宅の場合、どこか不具合を感じた時は構造体への影響が出る場合もあります。その被害が表れる前に発見し、修繕することで家の寿命も長くなります。

2.シロアリなどの害虫による被害

木という自然界の素材を使用するればこその被害です。どうしても環境などによりシロアリなどの害虫被害が発生する危険性はあります。一般的な予防としては、5年ごとに防蟻点検や薬剤散布を実施するなど構造体への侵食を起こさないようにすることが大切です。

3.火災に弱い

確かに柱の中心に燃え広がるには時間はかかりますが、鉄筋コンクリート構造の住宅と比較すると火災に対して弱いと評価される部分は否めません。実際の違いでは火災保険の金額も違ってきています。一般的に木造住宅の年間の保険料は、鉄筋のコンクリート構造や鉄骨構造と比べて約2倍ほど保険料が違います。木造住宅は、燃え尽きるまでに時間がかかりますが、外装に防火サイディングなどの防火措置を施すことで延焼を防ぐ可能性も高まります。そしていろいろな工夫を施すことにより、万が一の場合は避難するまでに十分な時間を稼ぐことも可能です。

■ 鉄骨住宅のメリット

鉄骨住宅のメリット

1.耐震性能の高さ

鉄骨住宅の特徴として、地震の時には 建物が揺れてエネルギーを吸収します。そして必ず元に戻る性質があります。その特徴と性質を活かしながら、鉄骨住宅は高い耐震性能を誇っています。そして地震などの揺れなどでも突然崩壊するなどの可能性が低い部分も特徴のひとつです。近年は地震などの自然災害も、多く発生しています。そして発生している場所も、時期もいつ起こるのかは分かりません。防振性能を高めることで安心感を高めることが可能です。

2.間取りのデザインも自由。広い空間が取れる

木造では難しいとされる柱の位置も変更することが可能なので、車庫やリビングなどを含め木造では考えられないくらいの広い空間を設置することも可能です。解放感のある空間から、快適性の高い空間を作り出すことも可能なので、デザインの幅は広がります。そして重量鉄骨造では5間くらいまで柱を飛ばすことができるので広いリビングはもちろん、大きな窓を配置しても構造が弱くなる心配がありません。

3.保険料を抑えられる

鉄骨住宅で火災保険に加入した場合、木造住宅の頃よりも今までの保険料の半額以下になる場合もあります。それは木造住宅より火災が起こりにくい構造になっていることや、過去のデータから算出されたデータなどから比較し、そう評価されているようです。そして火災保険とセットで加入の多い地震保険でも構造計算により評価されている安全の部分から、保険料を抑えることができます。

■ 鉄骨住宅のデメリット

1.丈夫な基礎と地盤が必要

鉄骨住宅の最大の課題は、建物自体の荷重が高いことです。重量鉄骨ともなるとその荷重だけで20~30トンにもなります。ですから丈夫な基礎やそれを 支えるしっかりとした地盤が必要となってきます。もし軟弱な地盤だった場合には、 適切な補強を計画に入れて構造計算を実施。その上地盤改良を行う可能性もありますのでどうしても木造住宅より建築コストがかかる場合があります。

2.構造の複雑さゆえの工程の多さ

鉄骨住宅の場合、木造の住宅とは工程も変化します。それゆえに現場に携わる専門業者の数も木造住宅建築するの場合よりも多くなります。それに付随して打ち合わせの回数も増える場合もあります。またコンクリートを使用するがゆえに、コンクリート工事や断熱工事にも比較的時間がかかってしまうので、工期が長くなる可能性があります。

 

木造住宅と鉄骨住宅 どっちがおすすめなのか

自分たちにあった方の住宅を選ぶことをおすすめ

木造住宅と鉄骨住宅の違いや特徴、メリット・デメリットなど幅広く解説してきました。ですが結局のところ、どちらがどちらよりも優れているとは言い難いのが現状です。木造住宅・鉄骨住宅ともに、お互いにやはりいい部分もあれば欠点もあり、その欠点をどう補えるのかが重要です。コスト面では断然木造住宅に軍配が上がりますが、デザイン性の自由度の高さでは、鉄骨住宅の方に軍配が上がりそうです。どちらがおすすめなのではなく、「自分たちの望むものをどちらの住宅であれば活かしてくれるのか」が重要です。建築コストなのか、耐震性なのか、デザイン性なのか。マイホームに求めるものは、人それぞれ違います。そのため、木造住宅か鉄骨住宅のどちらが良いかではなく、自分たちにあった方の住宅を選ぶことをおすすめします。

 

住宅のお悩みならいつでもどうぞ

住宅をお悩みの方がいらっしゃいましたらm-lineまで

木造住宅と鉄骨住宅、それぞれにメリットがあるならば、その反面デメリット存在します。メリットを活かすことでどちらもより快適に暮らせるとともに、デメリットを知ることでそのリスクに関しても対策することで解消する場合もあります。自分たちにあっているのはどちらかなど広い視野で考えて決めましょう。そして住宅をお悩みの方がいらっしゃいましたらぜひともm-lineまであ気軽にご相談ください。

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅