2018.12.30

RC住宅のメンテナンス

RC住宅のメンテナンス

RC住宅といえば耐震性・耐久性・耐火性などに優れている部分を持ち、建築物の中でも寿命も長いなどメリットも多い住宅です。ですがその反面で建築コストがかかるので、坪単価が高久那るなどのデメリットな部分もあります。そしてメンテナンス次第で、もともと長い寿命もさらに長くすることも可能です。今回はRC住宅の特徴と合わせてメンテナンスについて解説します。

 

RC住宅とは

RC住宅とは

RC住宅とは、正式には鉄筋コンクリート造と呼ばれReinforced Concrete Constructionの頭文字を使ってRC造とも呼ばれています。Reinforced Concrete Constructionとは、「鉄筋によって補強されたコンクリート」という意味です。その意味合いからも分かるように、柱や梁などの建物の骨格部分を構成する際に組み上げた型枠に鉄筋を配置します。その型枠にコンクリートを打ち込んで造る工法です。RC住宅で使用される素材の内「鉄筋」は、一般的に引張力に優れています。その反面、錆びやすく、高温時の耐火性が低いという特徴を持っています。その一方、「コンクリート」は、圧縮力に強いが反面引張力に弱いという特徴があります。RC構造の建物は、鉄筋とコンクリートを併用することで、お互いの良さを引き出しながらお互いの弱点を補う・・・変形しにくく、高い耐久性を出す工法なのです。

RC住宅の評価とは

現在日本国内にはいろいろな建物が建っています。それは住宅だったり、公共施設だったり、ビルだったりとさまざまです。ですがそれを評価するために各々基準が違っていると、どれが正しいものなのか分からなくなってしまいます。ですから一般的には、事業や住宅に用いられる建物やそれに付帯する設備において、税法上の部分では時の経過によってその価値が減っていく資産とみなされています。これを減価償却資産といいます。減価償却資産にも決まりがあり、たとえ取得時に購入費用を全額支払っていても取得した年度の必要経費とみなされません。その代わり使用できる期間にわたり分割して、必要経費として計上します。そしてこの使用可能期間は、各自勝手に決めて良いわけではなく、財務省の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」で種類別に定められています。この省令で決められた資産の耐用年数を「法定耐用年数」と表現します。

住宅用の建物については、主要建材によって以下の通り法定耐用年数が規定されています。

・木造、合成樹脂造・・・22年

・木骨モルタル造・・・20年

・鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、RC造・・・47年

・レンガ造、石造、ブロック造・・・38年

・金属造(鉄骨造)・・・34年

となっています。この数値を見るだけでも、木造に比べてRC造は2倍を超え法定耐用年数は長くなっています。そうい部分が評価され、公共施設などの建物ではRC造が多く建てられています。

 

RC住宅のメンテナンスとは

 

RC造で作られた家であっても、決してメンテナンスフリーの家ではありません。木造住宅なら木造住宅のやり方があるように、RC住宅のメンテナンス方法があります。確かにRC住宅の耐用年数は長いのが特徴ですが、それは正しいメンテナンスあってのものなのです。ここではRC住宅のメンテナンスについて解説します。きましょう。

・コンクリートのクラック

コンクリートのクラック

クラックとは、建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのことを表します。外壁や基礎は、雨風の日も暑い日も、私たちの生活を陰となり日向となり守ってくれています。そしていろいろな環境などに影響され、コンクリートは長い年数をかけてわずかに収縮や膨張をしていきます。これによってコンクリートの壁面にクラックが生じてきます。例えば非常に細いヘアークラックであれば美観の点を除けば構造面ではさほど問題ありません。ですがこれが大きくなり名刺を差し込めるほどの幅になった場合、雨水が内部に浸透する可能性があるので補修する必要性が高まります。メンテナンスの間隔としては、できれば5年おきにできることが望ましいです。

・コンクリートの欠落

コンクリートの欠落

先ほど解説したクラックをそのまま放置した場合、コンクリート内部に雨水が侵入し、鉄筋の腐食を触発します。そのことにより鉄筋の腐食にともなって、鉄筋は膨張していきます。そして最終的にはコンクリートを押し出してしまい、結果として外壁部分が欠落してしまいます。自分自身での対応もできますが、基礎やコンクリート部分は家にとって重要です。しっかりと初期対応を取ることで、家の寿命へも違いが出てきます。小さいうちに専門家へ相談することも寿命を伸ばすひとつの方法です。

・外壁塗装、鉄部塗装

外壁塗装、鉄部塗装

住宅の塗装は美観のためだけにあるだけではなく、下地の劣化を予防する目的も含まれています。ですが外壁塗装もいつまでももついてものではありません。塗装自体は数十年で耐用年数を迎えます。雨風などの悪環境の中に建っているのですから、そんなには持たないのが現実でしょう。長くても10年周期での塗り替えをおすすめします。

・屋上防水

屋上防水

壁と同じく屋根も悪環境にいつもさらされています。そしてまともに雨を受け止めている屋上は、住宅建築時に雨漏りを防止するため防水処理が施されています。防水処理方法にも種類があり、アスファルト、シート、ウレタン塗膜防水などが一般的です。ですがこの防水処理も何十年ももつものではありません。劣化の進みは住宅の建っている環境や立地などにも大きくかかわってきます。劣化の程度に応じて、部分補修や貼り替えなど検討が必要です。雨漏りは家の劣化を早めます。定期的なメンテナンスと早めの対処をおすすめします。

 

定期的なメンテナンスを心がけましょう

最悪の場合、倒壊してしまう場合も

今回は、RC住宅のメンテナンスについて解説してきました。木造住宅・RC住宅・鉄骨住宅などいろいろな建て方がありますが、どんな住宅も建ててしまえば一生そのまま残るものではありません。時間がたつことで劣化もすれば、損傷することも。そして最悪の場合、倒壊してしまう場合もあるのです。そんな状況になる前にできることがあります。ただ住宅が劣化していくのをただ待つ必要もありません。その方法のひとつが、リフォームやメンテナンスです。自分たちの大切なマイホーム。所有しているRC住宅を定期的に適したメンテナンスをすることで、住宅の寿命を長くすることができます。

RC住宅の魅力は短めに設定している法定耐用年数ですら47年という本質的に長い寿命です。住宅設備や配管類などを必要に応じて交換やリフォームを行うことで、100年以上住むことも可能な住宅です。自分の理想に合わせて作ったマイホームであれば、やっぱり1日でも長く住み続けたいと思うことは、誰しも思うことでしょう。もしくは生きている間ずっと住み続けたい、自分の子供たちに受け継いでもらいたいと方も多いかと思います。そのために適時のメンテナンスとは寿命を長くするためには必要不可欠なのです。さまざまな特徴や性能、そしてメリットがある。寿命ももともと長いRC住宅ですが、その寿命もしっかりとメンテナンスをすることによりさらに強みとなります。その強みを活かすのもあなたの判断と行動次第です。

 

末永くお付き合いします

末永くサポートしています

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。マイホームを新築するところから、お家の改修やリフォームまで末永くサポートしています。お気軽にご相談ください。お持ちしております。

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅