2018.12.30

RC住宅の施工例

RC住宅の魅力に注目

日本全国にはいろいろな建物が建っています。M-LINEを運営するou2株式会社でも木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、住まいに関するすべてのことをサポートしています。これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。今回はそんなRC住宅の施工例からRC住宅の魅力に注目してみましょう。確かに木造の住宅と比較するとRC住宅は坪単価が高くなっているのが現状です。ですが建物自体の耐久年数の長さや長いスパンで見た場合、年間のコストは安くなることもあります。視点を変えてみるだけで、デメリットかと思われる部分もメリットになることもあります。RC住宅とはどんな家なのでしょうか。

 

RC住宅の基本をおさえておこう

RC住宅の基本

RC住宅とは、正式には鉄筋コンクリート造と呼ばれReinforced Concrete Constructionの頭文字を使ってRC造とも呼ばれています。Reinforced Concrete Constructionとは、「鉄筋によって補強されたコンクリート」という意味です。その意味合いからも分かるように、柱や梁などの建物の骨格部分を構成する際に組み上げた型枠に鉄筋を配置します。その型枠にコンクリートを打ち込んで造る工法です。RC住宅で使用される素材の内「鉄筋」は、一般的に引張力に優れています。その反面、錆びやすく、高温時の耐火性が低いという特徴を持っています。その一方、「コンクリート」は、圧縮力に強いが反面引張力に弱いという特徴があります。RC構造の建物は、鉄筋とコンクリートを併用することで、お互いの良さを引き出しながらお互いの弱点を補う・・・変形しにくく、高い耐久性を出す工法なのです。

 

RC住宅の良さを活かした家

RC住宅の施工例

それでは、実際にRC住宅の施工例を見ていきましょう。RC住宅の良さを活かし、自分たちの想いがたくさん込められています。

● 自然をな暮らしの一部にできる住宅

RC住宅の間取りの自由度の高い特徴を活かし、快適な環境で楽しむことができる「吹き抜けのある開放的なリビング」ま魅力的な家です。木造住宅では難しいとされる高さ6mの大空間のガラス窓は、外と内との境を忘れてしまうような解放感をもたらしてくれます。まるで窓が一つの絵画のような感覚です。そしてリビングの大窓には、自然光による採光と採暖を実現できるように工夫がされています。ガラスカーテンウォールを採用し、最新のシステムでこの空間のスケールをより一層大きく感じることができるのは、窓側から2階へと奥へ伸びる階段のおかげです。これ以外にも2階の脱衣所にはランドリーシューターを設置するなど、ママを笑顔にする工夫もいっぱい組み込まれ、ストレスのない家事動線を実現しています。

● 子どもたちの可能性を伸ばす住宅

子どもたちはひとりひとり、未知の可能性を持ち合わせています。その子どもたちの可能性を最大限に伸ばしてあげたいというご両親の想いが詰まった住宅です。子どもたちの可能性を高める工夫として、子ども部屋=寝室という意味合いだけでなく、みんなで集まって勉強するワークルームとしても使えるように間取りを工夫しました。一人では大変なことも、みんなと一緒ならできることもたくさんあります。

● 趣味を楽しんで過ごしたい!そんな希望を叶える住宅

趣味のための空間が欲しいと思っても、実際はなかなか実現できない部分もあるのではないでしょうか。例えば地下室であれば音響などの騒音の部分でも、防ぐことも可能です。そして地下膣に作ることで子供のころから希望だった「秘密基地」感覚も味わえます。趣味のための摸型制作室や摸型や収集コレクションの展示スペース、バーカウンター、バイクが鑑賞できるガレージなど可能性は無限大です。設計の仕方によっては、遮光や風通しなども確保できる部分もあります。

● 自然を満喫する-ひだまりの住宅-

南側に大きな庭を構えたことで、差し込む光をふんだんに組み込む住宅です。リビングから明るい太陽が差し込みます。そして住宅の背面にもちょっとした箱庭を設けてあります。そのことで裏側は大きなガラス窓を通して、箱庭を楽しめるなど工夫の凝らした住宅になっています。限られた空間だからこそ視覚でも楽しめる、豊かな空間を構成することができます。

● 都市型邸宅だからこその良さを活かした家

都心だからこそ、分譲地のような整地された土地を入手することは、難しい場面も多くあります。ですが都心部に近いという利便性は捨てがたい部分です。狭小地や旗地、高低差がある土地など住宅には適していない土地の場合も多いのが現状です。ですがその地形を活かしながらマイホームを建てることは可能なのです。こちらの住宅は高低差が5mも傾斜がありました。ですがその立地を活かし、2層分の全面を使った開口部を設置しました。その開口部から見る外の景色は、格別な展望台です。高低差があるからこそできる設計です。そしてリビング、和室を含めて、自然素材を使用しています。無機質なコンクリートの中に自然素材を使用することで、その質感や表情、香りなどから感じる温かみが、心を落ち着かせてくれます。都市型住宅だからこその想いがたくさん組み込まれた住宅になっています。

● ジャグジーのある住宅

ジャグジーを作りたい。これが施主様の長年の願いでした。今回マイホームを建てることにより、その長年の夢が叶いました。ですが作った場所は外側のテラスです。ジャグジーのくつろぎに外という解放感をプラスしました。その上3階にリビングを設けたことで、リビングにいても明るい光や、気持ちのいい風が入るように、間取りを工夫。解放感に包まれた家が完成しました。

● 狭い空間を活かしたの住宅

わずか13坪の敷地に駐車スペースを設け、その上に住宅を建築しました。間取りの配置を工夫することで家族が豊かに暮らせるスペースを積み上げています。限られた面積だからこそ、使える空間は無駄にしない。プランニング力が試される住宅になっています。

● プライベート重視の住宅

開放的でありながらプライベート性の高い家が欲しいというのが、施主様の願いでした。この住宅は家の内側・外側にも縦格子があり、解放感を保ちつつプライベート性も高めています。木を基調とした空間を作り、大きな開口を持ったデッキテラスがこの住宅の最大の特徴です。プライベート性を確保しながらも開放感のある空間を創造しています。

 

RC住宅の可能性を無限大に

あなたの住宅が見つかるかもしれません。

今回はRC住宅の施工例についてご紹介してきました。今回紹介した施工例は、ほんの一部に過ぎません。自分の理想や状況にあった住宅を選ぶ手段として、施工例から探ってみるのもひとつの方法です。施工例をもっと見てみることで、自分のライフスタイルや家族構成、自分たちの希望にあった構造など、あなたの住宅が見つかるかもしれません。M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。施工例もホームページでは紹介しきれない住宅がいっぱいああります。マイホームを新築するところから、お家の改修やリフォームまで末永くサポートしています。お気軽にご相談ください。お持ちしております。

 

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅