2019.01.22

鉄骨住宅でのリフォーム

鉄骨住宅でのリフォーム

新築のマイホーム・・・ずっとそのままでいてほしい。

これは建てた皆さんの共通の想いです。ですが、愛着のある我が家も年数が経てば経つほど、あちこちに不具合が・・・。家も人間と同様、年を取り、ガタが来ます。見える部分はもちろん、見えない部分もです。そこで今回は、鉄骨住宅を長く住みよい環境を保つための方法「リフォーム」に注目します。よく耳にする言葉のリフォーム。そして近年耳にするようになったリノベーション。そしてその違いなど、分かりやすく説明します。これから建てる人、建てたばっかりの人でも、知っておきたい基礎知識になります。

 

家を生き返らせるリフォームとは

 

よく耳にする言葉のリフォーム。そして近年耳にするようになったリノベーション。混在しやすいふたつの言葉ですが、それぞれ違った意味合いを持っています。愛着のある我が家を生き返らせるふたつのフレーズ。ならばどんな違いがあるのでしょうか。解説していきましょう。

リフォームとは

リフォームとリノベーション

リフォームという言葉もともと、和製英語です。なので実際には、建築基準法にリフォーム基準というものは明確に定義されていないのが現状です。ですが一般的には、新築以外の改築や増築などを含む、広い範囲を示す言葉として使用されているようです。

リフォーム:「(現状に近い状態へと)元に戻す」長い間使用してきたことによる劣化や傷みなどを、原状回復させるために行う改修という感じになります。例をあげると、

  • 古くなったキッチンを新しい物に取り替える
  • 剥がれてきた壁紙を、新しい物に張り替える
  • 古くなったトイレを使いやすいタイプに取り替える

など古くなった物を部分的に改修したり、間取りなどは変更せずに新築当時の状態に原状回復するために行います。

リノベーションとは

リフォームが元に戻す(原状回復)であるならば、リノベーションは「今の生活スタイルに合わせつくり変える」という感じになります。誰もが安心できる優良なリノベーション住宅(適合リノベーション住宅)の統一規格を定めている「一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会」では、以下のように説明しています。住宅の持ち合わせた良い部分は残し、今の生活に必要とする直すべき場所を改修することで、快適な暮らしを実現する・現代的な住まいに再生することを表しています。

 子どもたちが成長し個々の人生を歩みだす、新しい家族が増えるなど、いつかは生活スタイルの変化が訪れます。今までは支障がなかった間取りや設備が対応しきれない場面も考えられます。例えば、壁を取り払い風が通る広々としたリビングに変更したり、広く作っていた部屋をひとり部屋に適した間取りに変更するなど、いろいろなパターンが想像できます。その様な場合に活躍するのがリノベーションです。これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで、プラスαで価値を高めつつ、また新たなマイホームの1ページをはじめることができます。

 

リフォームとリノベーションの大きな違い

リフォームとリノベーションの違い

設備の変更や修繕などの比較的小規模な工事はリフォームに分類されている傾向となっています。そこで大きく違ってくる部分もあります。その違いもしっかり把握しておきましょう。

工事の規模により変化する、工事期間の違い

現在リフォームとリノベーションでは、規格などでははっきりとは区別されていません。ですが現状への改修が基本のリフォームの方が、生活スタイルに合わせつくり変えるリノベーションより、工事期間は比較的短くなります。そして、表面的や部分的な工事がメインなので、費用も抑えられるのが特徴です。

ちなみにリノベーションの場合、間取り変更などが含まれると工事も大掛かりになります。工事に費やす時間はもちろんですが、費用も大きくなります。場合によっては、工事期間の長さにより、仮住まいなどの検討が必要となります。ですが、自分に合ったスタイルに変更できる自由さは、リノベーションに軍配が上がります。

工事を始めてから分かることがある

表面的・部分的な工事のリフォームと違い、リノベーションは大掛かりな工事が伴うケースがあります。その際表面上では気づけなかった部分の劣化や、構造状態により変更せざるを得ない場合も考えられます。想定外のことが起こりうるということを把握しておきましょう。

 

鉄骨造は品質が活かせる強みがある

鉄骨造は品質が活かせる

前回のコラム「鉄骨住宅の耐用年数はどれぐらい?」で、よく耳にする耐用年数について解説しました。耐用年数とは一般的に法定耐用年数を表していることが多く、その建物に価値があるとされる税法上での期間が定められています。そして他の物理的耐用年数や経済的耐用年数と違い、資産の種類や構造、用途によって一律に決められています。例えば、木造(モルタル)住宅が20年なのに比べ、鉄骨住宅の法定耐用年数は、34年になっています。実際は条件や立地によっても建物の劣化は変動しますが、鉄骨住宅は高い品質である強みがあります。

 大きな間取りも可能な鉄骨住宅

鉄骨住宅のメリットのひとつに、大きな空間や大きな窓を設置できる自由性が高い部分があります。鉄骨の構造体は強度の高い鉄を使用しています。ですので柱との間隔も、最大限距離を大きく取る事が可能です。将来のリフォームやリノベーションを見据えながら、マイホームを考えることも可能な住宅なのです。

鉄の良さを活かした品質と耐久性

 骨組に鉄製や鋼製の部材を用いて作られる鉄骨住宅は、鉄や鋼の粘りといういい部分を最大限活かし、地震にも耐える構造です。そして鉄骨住宅に使用される鉄骨は、工場で製作・管理が行われているため、品質面では非常に高い傾向です。この鉄骨住宅の強みを活かし、リフォームやリノベーションで新しい一面を生み出すことで、長く住み続ける家にすることも可能です。

 

業者選定が最大のポイント

不安から笑顔に変えるお手伝いをお約束します

鉄骨住宅の構造の強さは、住宅にとって魅力的な部分です。リフォームやリノベーションなどを実施すことは、実際に見ることができない部分を確認するいい機会にもあります。いくら強い建物でも、定期的なメンテナンスやケアがなければ、いい状態を保つことは難しいでしょう。そして技術は日々進化しています。住宅メーカーも研究や開発により、より安心して住み続けてもらえる住宅を!目指しています。ですので数十年前に建てられた鉄骨住宅では、断熱材が不足していたり、耐震の強度が不十分になってしまう場合も考えられます。

鉄骨住宅のリフォームやリノベーションを考える場合、最大のポイントは業者の選定です。特に何年、何十年と雨や風などの自然環境に耐えてきている住宅です。その工事を始めてから分かる不具合も発生します。そこをどう正確に判断し、対応できるかが家への影響が変わってきます。鉄骨のリフォームなので耐震診断や耐震補強の経験がある業者を選ぶのはもちろんですが、鉄骨ビルを多数手がけている設計事務所やハウスメーカー、リフォームの専門業者など、信頼できるパートナーを選ぶことができるかが最大のカギです。もしお住まいで不安な点がありましたら、お気軽にお声がけください。新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績を活かして、不安から笑顔に変えるお手伝いをお約束します。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅