2019.02.05

RC住宅の活用法を、施工例から考える

コンクリートの打ちっぱなしのシンプルさ、シャープでシックなデザイン。

温かみの代表といっても過言ではない木造の家とは、正反対のイメージをを感じさせるRC住宅です。ですが、そのイメージを活かしつつ、RCの良さを取り入れた住宅は数多くあります。今回はRC住宅のメリットを含め、施工例からRCの活用法とRCの魅力を探ってみましょう。あなたの感じていたRC住宅とはまた違った一面が発見できるかもしれません。

 

RC住宅のメリットから

RC住宅のメリット

コンクリート打ちっぱなしなど、RCそのものの良さを活かすのも一つの方法ですが、ここではいろいろな方面からRC住宅のメリットを解説します。家というものは長く大切な人との時間を共有する場所です。見た目はもちろんですが、性能面も重視したいのが正直な感想です。その辺を含めて、RC住宅を解説します。

デザイン性

木造住宅などより、形状に高い自由度が発揮できる部分がRC住宅の魅力のひとつです。シュッと切り落としたような壁面のデザインはもちろん、木造では難しい曲面を活かした形状にデザインすることも可能です。他にはないデザインの家が欲しい、自分の思い描いた家を建てたい、そのようなデザイン性を求める人にはRC住宅は最大限の力を発揮します。そして柱で支えるのはもちろんですが、壁面で建物全体を支えることができるRC住宅ですから、大空間を創造することも可能です。広々としたリビングや外部からの光や風を多く取り込める大きな広い窓、などの大空間も創造できるのはRC住宅ならではの持ち味になります。

防音

生活する上で音というものは、非常に密接しています。自分の家から出る生活音はもちろん、外から入る外部の騒音など、音に囲まれて生活しています。そして近年近隣とトラブルになりやすい原因のひとつも、この音の問題です。RC住宅は、コンクリート自体が防音性能が高い素材です。ですので音の漏れも防いでくれます。子どもたちが元気に動き回り、大きな声で笑い、心が元気になる家を作れるRC住宅なのです。

耐火性

いろいろある災害の中で火災というのは唯一防ぐことが可能な災害かもしれません。ですが、いくら注意していても起こってしまう可能性がゼロではありません。耐火性の面を考えると、コンクリート自体火に強い素材です。建物自体が燃えにくい躯体であること、そして長時間の熱にも強度が落ちづらいこと、近隣への延焼の可能性が低いことなどが、証明されています。その部分から火災保険料も木造住宅より低くなっています。

耐震性能

RC住宅の素材はコンクリートです。コンクリートいう素材は、圧縮力に優れています。そして一緒に使用されている鉄筋は引っ張る力に優れています。お互いの特徴を活かし、助け合いながら、地震に耐える耐震性能を持った構造になっています。ビルやマンションなど大型の建物に多く採用されている理由のひとつが、この高い耐震性能の部分でしょう。

家の命のデザイン性の高さはもちろん、大切な人の命を守る高い安全性能もRC住宅が選ばれる大きな理由です。自分らしい・個性的なデザインを作りたい、高い安全性能を求めたい。そんな方はぜひRC住宅をおすすめします。

 

RC住宅のできることを考えてみよう

RC住宅のできること

高いデザイン性や高い安全性能など、RC住宅のメリットを解説してきました。ここではいろいろな施工例をあげながら、RC住宅のできることを考えてみましょう。いろいろなアイデアを知ることで、RC住宅を考えている方には自分だったらともっと身近に感じられるかもしれません。

RC住宅のできること:大きな空間を実現

大きなガラスから差し込む光と風。大空間をガラス窓で構成したリビングには開放感がいっぱいです。そして2層吹き抜けの大空間も実現できます。

RC住宅のできること:曲線を活かしたデザイン

木造住宅では施工の難しい曲線を活かすことで、丸みの帯びたラインなども施工が可能です。シャープなイメージのRC住宅に、優しさを感じさせる新しいデザインは、周りにはないオリジナリティを感じさせます。

RC住宅のできること:ビルトインガレージ付RC住宅

 高い耐震性能のRC住宅ですから、敷地をうまく活かしながら1階にビルトインガレージ。建物の高さを活かした屋上テラスなどを設ければ、眺めを楽しんだり、子どもたちとバーベキューをしたりなど利用価値も高まります。階高を上げてロフト部屋をつくるなどの生活空間を増やす間取りも、アイデア次第でふくらみます。

RC住宅のできること:コンクリート打放し壁を活かしたテナント兼住宅

 RC住宅のコンクリート打ち放しのシンプルなシルエットを活かしながら、上には自分たちの生活空間。下にはテナントを併設するなども可能です。コンクリート打ちっぱなしのシンプルな外観は、いろいろな業種のテナントに好まれます。テナントが入ることで、家賃収入で住宅ローンの軽減も可能です。いろいろな可能性がふくらむRC住宅です。

RC住宅のできること:   オフィスを併用した二世帯RC住宅

 ご自身で事業をなさっている方は、下にオフィスを構えた住宅もおすすめです。1階にビルトインガレージ、その上にはオフィス、その上にはご自宅と。耐震性の高いRC住宅なら高層階住宅も可能なので、いろいろなパターンで利用することが可能です。耐火性能も高いので、耐火建築物が必須となる都市部にもおすすめなRC住宅です。

 RC住宅のできること:変形した形状の土地にも対応できるRC住宅

所有している土地の形状によっては、ハウスメーカーなどの既存の住宅工法では対応できない場合もあります。デザインの自由度が高いRC住宅だからこそ、いろいろな形状の土地に対応も可能です。耐火性能も高いRC住宅ですから、近隣への延焼の可能性が低いことも大きな利点です。規制によっては敷地ぎりぎりにまで家を建てることが可能な場合もあります。狭い敷地・変形な敷地も、できる限り有効に活用できる住宅がRC住宅です。

 

見える景色が変わるかも

多層階住宅で見える景色が変わる

高い耐震性能はRC住宅の魅力のひとつですが、その利点を活かしてできるのが多層階住宅です。近年多層階住宅の建設も多くなり、下を賃貸・上を住居という賃貸併用住宅も多くなっています。賃貸併用住宅にすることることで、住宅ローンの全盛期には賃貸収入でローンの軽減。そして時間が巡りその賃貸部分に独立した子供たちが世帯を持って二世帯住宅などにも活用方法は、使い方次第でいろいろあります。そして本当だったら、低層階だったはずの住居が高層階になることで、見える景色も変わってきます。新しい目線での景色が堪能できます。

 

RC住宅の魅力を実感したいなら

RC住宅の魅力を実感してみませんか

今回はRC住宅の魅力やメリット、施工例からRCのできることなど幅広く解説してきました。今回したRCでできることもほんの一例に過ぎません。デザインもアイデアも、星の数ほどあるのです。ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。ぜひ一度あなたの想いをカタチにして、もっとRC住宅の魅力を実感してみませんか。実感して、ご自分の目で夢のマイホームの姿を想像して、夢を一歩進めてみましょう。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅