2019.10.06

店舗併用住宅から見る選択種の幅

日本全国にはいろいろな形の建物があります。生活の基盤である住まいから、商業施設、公共施設、ビルから古くからある日本家屋など、さまざまです。住宅の一部スペースを賃貸物件とし、暮らしながら空間を活用できる賃貸併用住宅なども近年注目されています。

今回は同じように自分たちの住居スペースを貸し出す賃貸先を、個人の住居ではなく店舗にした場合を考えてみたいと思います。これから自宅で店舗を構えたいと考えている方はもちろん、今までの事業を家の近くで行いたい方、同じスペースに他の人が住むことに抵抗がある方など、さまざまな人に新たな有効方法が発見できる可能性があります。自宅兼物件収入のこれからの形を解説します。

 

 

店舗併用住宅を知ろう

まずは店舗併用住宅を把握することから始めましょう。

賃貸併用住宅の主な場合、自分たちの生活スペースの一部を他の方の生活スペースへ転用する「賃貸物件」の形が多く見られます。家族以外の方が一緒に生活する環境。そしてマンションなどと違い、自分たちはオーナーであるという責任などの部分がプラスされます。

店舗併用住宅の場合、賃貸物件の部分が店舗として貸し出す方法です。街中でも下の方は店舗なのに、上を見ると普通の住宅に見える建物も見かけます。店舗併用住宅は、下の階がすべて店舗にする必要はありません。一部屋など部屋単位でも、有効的に活用ができます。

賃貸併用住宅・店舗併用住宅ともに重要になる部分と言えば、やはりその地域にニーズがあるのかをしっかりとリサーチすることです。例えばいくら店舗併用住宅を建てたとしても、住宅地の真ん中では重要が望めません。その場所に合った活用を行うこと。これが一番重要です。

有効的に併用住宅活用を行うために、店舗併用住宅や賃貸併用住宅を多く取り扱っている会社に相談する。パートナーに選ぶ。というのも方法のひとつです。自分自身では判断できないことでも、パートナーが今まで培ってきた経験やノウハウは活きてきます。そして信頼できるパートナーとタッグを組むことで、併用住宅の活用を始めた後でも相談できるパートナーとしてあなたの力になってくれます。

 

 

店舗併用住宅のメリットとデメリット

今度は店舗併用住宅にすることにより考えられる、「メリットとデメリット」に注目してみましょう。不動産を活用する場合、メリットももちろん重要ではありますがデメリットをどう対策し、リスクを減らすことができるのかも大切な所です。いい部分があれば、その反面悪い部分も必ず存在します。しっかりと把握しておきましょう。

 

店舗併用住宅のメリット

〇 ライフスタイルに合わせた経営が可能

ご自身の店舗経営のために併用住宅を活用する場合、ライフスタイルに合わせながら経営することも可能です。自宅の下に仕事場を作ることにより。仕事場までの移動距離は最短になります。そのため子育てしながら、介護をしながらなど、日常のさまざまなことにも対応ができます。

〇 経費の削減や家賃収入を得ることも

ご自身で店舗を活用する場合は家賃の削減にもつながります。そして貸店舗物件として第三者に貸し出すことも可能なので、収入にもつながる可能性があります。有効に活用することで、定年後などの収入の期待も高まり、長いスパンで活用できます。

 

店舗併用住宅でも住宅ローンが可能

住宅と店舗の広さのバランスさえクリアすれば、店舗併用住宅でも住宅ローンとして融資を受けることもできます。こちらも賃貸併用住宅と同様に、店舗部分の床面積を家全体の1/2未満にすることで可能となります。(※金融機関により違いはあります。)住宅ローンを活用することにより、金利も抑えることが可能です。店舗の大きさには注意が必要です。

 

店舗併用住宅のデメリット

店舗併用住宅に絞って建築を考えた場合、やはり立地の面で店舗の成功率が変動します。そして店舗の広さ、作り方によっても、入れる店舗・入れる業種も変わってきます。賃貸併用住宅と大きく違うところは時間帯です。賃貸併用住宅の場合は一般の方が生活する空間を提供するため、ライフスタイルの違いがあっても想定内の部分です。一方店舗の場合、業種や店舗の稼働帯(曜日・時間)もさまざまになります。そしてサービス業などの場合、人の出入りはどしても多くなってしまいます。近隣への配慮や、トラブルにならないようにしなければいけない部分などもあります。

 

 

店舗併用住宅の選択種

今の世の中は定年後もパワフルに働いている方も多くいらっしゃいます。定年後もどうやって充実した人生を送れるのか。今のうちから考え、計画を練ることも必要な時代です。店舗併用住宅の場合、カフェ・ベーカリー・居酒屋・ラーメン屋などの飲食業から、雑貨・小売り・服飾などの販売業、美容院・理容院などのサービス業、オフィス・事務所など、幅広い活躍のフィールドが考えられます。

自分で店舗経営を検討する場合、テナント経営と店舗併用経営に分かれてきます。その二つにはどのような違いが発生するのか解説します。まず大きく違うのが初期投資の部分です。

テナントなどを借りて店舗を構える場合、賃料(前払い分)、保証金、改装費用など大きな金額が必要となります。資金があれば別ですがローンを締結しようとした場合、事業用ローンで費用を補填します。

自宅で店舗併用住宅にて店舗を構える場合、土地や建物の購入費、内装設備費用などが必要となります。住宅部分は住宅ローン、店舗部分は事業用ローンで補填します。ですが長く続けていくためには、テナントの場合毎月の賃料が必要です。そのためには毎月確実な収益が必要となってきます。店舗併用住宅であれば持ち家にプラスしているので、精神的にも違ってきます。新たな夢を叶えるチャンスが住宅建築と一緒に訪れるのが、店舗併用住宅の醍醐味です。

 

 

店舗併用住宅を検討しているなら、パートナー選びが重要なのです

店舗併用住宅

ただこれから過ごす住宅の建築であれば、たくさんの構造、たくさんの工法を用いて建ててくれる建築会社もお送ります。しかし店舗併用住宅や賃貸併用住宅の場合は、パートナーのサポート力によっても大きく変わってきます。さまざまな要望を叶えながら有効的に活用していくためには、幅広い経験で培ったノウハウが必須です。

 

 

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。そのため賃貸経営の基礎となる建物の建築から、その先の賃貸管理に至るまで幅広くサポートしています。

当社は東京23区内に特化、敷地30坪以下の狭小地での設計に実績が多いところが特長です。建築会社だからこそのアイデア、ノウハウ、経験や知識を最大限に活かし、わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをお届けします。そしてあなたの夢をカタチにいたします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

4階建ての三世帯住宅や、レストラン併設のエレベーター活用多世帯住宅など活用方法も多種多様な多層階住宅です。建築事例一覧ではさまざまな多層階住宅を紹介しています。ぜひ一度ご覧ください。

https://m-line.tokyo/case/

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住