2020.01.15

人が集まる場所だからこそ賃貸のチャンス ホテルじゃない宿泊の仕方

 

 

人の集まる街、東京。

2020年はオリンピックイヤーでもありますが、それ以外の時でも東京には日本・世界からたくさんの観光客も訪れています。そんな時必要となるのが、宿泊施設です。何日も連泊したいけれど、ホテルでは予算が・・・。家族で泊まりたいからもっと広めな空間が・・・。など観光客のニーズはさまざまです。

人が集まる街だからこそ、新たな可能性が見つかるかもしれません。

今回はホテルじゃない宿泊の仕方として、賃貸併用住宅を使用できないのか、その可能性を考えてみましょう。どんなニーズがあり、どんな対策が必要なのか知ることによりビジネスチャンスへとつながる可能性も広がるのです。

東京から新しい泊まり方を発信してみませんか。

 

賃貸併用住宅とは

 

まずは賃貸併用住宅について簡単に解説しましょう。賃貸併用住宅とは自宅の住居部分である一部を賃貸物件とし、自宅と賃貸の融合した新しい暮らし方です。自宅の一部を賃貸物件とすることで、家賃収入が住宅ローンへ活用するなどさまざまなメリットも考えられます。

また東京という地域性から、例えば敷地が狭くても多層階住宅へという展望も考えられます。そういった状況をうまく活用しながら、住宅機能を賃貸機能と一体化しています。賃貸から収入を得て住宅ローンに活用する以外にもアイデア次第で下のように活用が期待できます。

○ これからの長い生活のため、安心した老後のために、家賃収入などの安定を考えたい。
○ 今のうちに賃貸経営を軌道に乗せ、子供たちに資産として残してあげたい。
○ 相続税や固定資産税などの税金対策を講じたい。
○ 家族が一緒に安心して暮らせる!二世帯住宅を建てたい。
○ 人通りの多い環境を活かし、店舗物件として活用したい。

など夢は広がります。

 

賃貸併用に新たな価値を!

宿泊から見いだす

 

賃貸併用住宅と言えば、今までは下の階に個人用賃貸や店舗や会社などの賃貸。上の階に自分たちの住居炉構えるスタイルが多く活用されています。長く暮らす住まいから、一定期間の住まいへと目先を変化するだけで、新たな可能性が広がります。

そこで注目されるポイントは、民泊です。2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行と合わせて旅館業法にも見直しが実施され、今までよりも宿泊事業に新規参入しやすくなった背景があります。そこで新しいスタイルが出現しようとしています。上部に自宅を構え、その下の併用部分をしっかりとした宿泊に対応できる設備を構える。各部屋にはバス・トイレはもちろんキッチンなどもあることにより、期間が長くなる宿泊にも対応できるスタイルになります。

将来を見据えた作り方をすることにより、ゆくゆくは賃貸物件に転用するなど、可能性も膨らみます。人の集まる地域だからこそ、宿泊施設も不足傾向な部分もあり、高い収益も見込める可能性も膨らむのです。

 

賃貸でも宿泊でもビジネスなのです

 

賃貸併用住宅で空間を有効活用する=所得を得るということは、土地活用ビジネスのひとつになります。そのため通常のマイホーム取得と比較すると、リスクもあるのが現状です。リスクをしっかりと知ることは、リスクを対策することにもつながります。

 

賃貸併用住宅のリスクとは

 

賃貸併用住宅で考えられるリスクは下のようになります。

○ 空室リスク
○ 滞納リスク
○ 管理業務の負担と継続
○ 年数経過による家賃・宿泊料下落による収入の減収
○ 金利上昇リスク
○ 家賃の引き下げなどの収入の減少
○ メンテナンスコストなどの維持費の上昇

などがあげられます。リスクは必ずしも回避できるとは言いませんが、家づくりを任せるパートナーや管理を任せる・相談するパートナーによっても大きく変化します。賃貸併用住宅に対する経験やノウハウがある会社を選ぶこと。建築だけではなくその後の管理も相談できる会社選びをすることなど、信頼できるパートナーとタッグを組むこともひとつの方法です。

 

 

住宅のできるを考えている人の味方です

 

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。そのため賃貸経営の基礎となる建物の建築から、その先の賃貸管理に至るまで幅広くサポートしています。

 

ou2株式会社はたくさんのサポート体制をご用意しています。あなたの賃貸管理をしっかりとサポートします。

 

 

ou2株式会社なら、手間なく安定収入を保証する!オーナー様と一緒に作り上げる賃貸経営方式

 

サブリース(一括借上げ)当社がオーナー様から賃貸物件を一括して借り上げ、それを入居者に転貸するシステムです。空室や滞納による家賃収入の変動を気にせず、毎月安定した収入が得られます。オーナー様は入居者と直接やりとりすることがなく面倒な手続きはすべて当社が代行します。

 

ou2株式会社なら、面倒な手続きをしっかりサポート!あなたに合った管理システムを提供

 

当社がオーナー様の代理となって賃貸業務をすべて行います。空室になった際の家賃保証はありませんが、賃料の滞納があった際には12か月分までの滞納保証があります。すべての実務をプロが行ないますので、安心してお任せください。

※M-LINEの不動産管理業務は、株式会社タウン管理サービスが提供する、フルカバータイプとの提携サービスです。お気軽にご相談ください

 

新しい形を選択できる楽しさ

 

賃貸併用住宅とひとことで表してもその活用方法は、さまざまです。そしてその可能性は無限大に広がっています。難しそうだな…。面倒そうだなぁ…。など感じた方もいらっしゃるでしょう。ぜひ一度賃貸併用住宅について話を聞いてみませんか。

私たちM-LINEは、お客様の希望に沿った建物を建てるために何ができるのかを考える会社です。そのために建物の用途を限定しない家づくりを提供しています。取り扱いコンテンツも賃貸併用住宅からペット共生住宅や医療併用住宅などさまざまな建物をお手伝いしています。

人が集まり、魅力がつまった東京という地域だからこそできることもたくさんあります。私たちと新しい一歩を踏み出してみませんか。お気軽にお問い合わせください。

 

家を建てる・・・不安なことは何でも聞いてください

 

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************