2020.01.23

狭小地で夢を叶える家づくり 間取りを活かした住宅づくり

 

 

 

人の集まる街、東京。

東京で新たにマイホームを建てようと思った時、自分たちの想い描く敷地を手に入れることは難しいのが現状です。その一方住宅を建築するには少し手狭な、ちょっと変形した土地などが売りに出されていることも少なくはありません。

狭い土地や変形した土地でも、自分たちに合った快適な家を建てたい。ライフスタイルに合わせた住宅を建てたい。など、人生の中で最も大きな買い物となる住宅には希望も想いも、捨てたくはありません。特に時価の高い都心部では、狭い土地、変形した土地をうまく活用した「狭小住宅」に注目が集まっています。

狭小住宅とはどんな家なのか。そしてどんなメリットがあるのかなど、幅広い視点で解説していきます。住宅の良し悪しは広さで決まるものではありません。今回は狭小住宅の魅力をたっぷりとご紹介します。

 

狭小住宅とは

 

狭小住宅(きょうしょうじゅうたく)とは、狭小な土地に建てられた住宅全般を指します。明確な定義はないのですが一般には、約15坪(50㎡)以下の土地に建てられている住宅を狭小住宅と呼んでいます。特に建物が密集している、時価が高く広い敷地が手に入らないなどの理由から、首都圏などでは多く見られる住宅です。

また都心部などでは単に敷地が狭いという環境だけでなく、変形地などの場合も多いのが現状です。大手ハウスメーカーなどの建物の場合、主に規格住宅をメインに展開している会社も多くあります。その場合狭小地や変形地だと間取りが収まり切れない可能性も高くなります。その点注文住宅の場合、その土地に合わせプランをくみ上げていくスタイルなので、設計での工夫も可能となります。

住宅の大切なことはその土地をどう活かし、どうアイデアをつめこんでいくのかが大切です。狭小地であっても、狭小住宅であっても「敷地を最大限に活かした快適空間の広がる家」を建てることは可能なのです。

 

狭小住宅の魅力を紹介

 

狭小住宅は確かに、多少狭い敷地に建てる住宅となります。広さという部分ではハンデがありますが、ハンデを跳ね返すほどのメリットも隠されています。ここでは狭小住宅の魅力にせまり、そのメリットを解説していきましょう。

 

狭小住宅のメリットは

 

狭小住宅のメリット1:都市部などの利便性の高い土地に暮らせること

 

実際にマイホームを建てる際、首都圏の場合土地探しが1番のネックになります。アクセスも良く利便性の良い土地は価格も高く、広い敷地ともなるとなかなか出てこないのが現状です。狭小住宅であれば自分の住みたい街、ライフスタイルに合った街、公共交通機関など利便性の良い街など、選択の幅も広がります。

 

狭小住宅のメリット2:土地の購入費を抑えて、住宅費用にすることも

 

狭小住宅の場合、通常の住宅より敷地の広さは少なくて済みます。その分の費用を住宅の建築費に回すことも可能です。大手ハウスメーカーでのみんなが建てている規格住宅ではなく、自分たちのこだわりを持った家づくりも可能です。

 

狭小住宅のメリット3:土地が狭くなるということは、維持費も抑えられる

 

狭い土地にこだわりの住宅を建てる、狭小住宅。家づくりは建てる費用ももちろん重要ですが、その後維持していく費用も賃貸物件よりも増大します。床面積が少ないため建ててからの光熱費などの維持費が抑えられるだけでなく、税金面でも大きな違いが出てきます。

 

賃貸物件の頃にはなかった「固定資産税」や「都市計画税」

 

賃貸物件とは違いマイホームは不動産を持つことになります。そのことにより固定資産税や都市計画税などが課税されることになります。これらの税金は管轄する自治体により変化しますが東京都では下のようになっています。

◇納める方(納税義務者)

1月1日現在、土地、家屋及び償却資産の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方

◇納める額

○土地
課税標準額(「土地の課税標準額の算出方法」参照)× 税率1.4%

○家屋
課税台帳に登録されている価格 × 税率1.4%

○償却資産
課税標準額 × 税率1.4%(「償却資産の税額等の算出方法」参照)

◇納める時期と方法

6月(第1期)、9月(第2期)、12月(第3期)、2月(第4期)の年4回で、第1期の納付月にお送りする納税通知書によって、各納期限までに納めます。

出典:固定資産税・都市計画税の概要|東京都主税局 http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/kotei_tosi.html

 

広さによって特例措置があります

 

住宅用地については、その税負担を軽減する目的から、課税標準の特例措置が設けられています。住宅用地の特例措置を適用した額(本則課税標準額)は、住宅用地の区分、固定資産税及び都市計画税に応じて下表のとおり算出されます。

区分 固定資産税 都市計画税
小規模住宅用地 住宅用地で住宅1戸につき200m2までの部分 価格×1/6 価格×1/3
一般住宅用地 小規模住宅用地以外の住宅用地 価格×1/3 価格×2/3

出典:固定資産税・都市計画税の概要|東京都主税局 http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/kotei_tosi.html

上のように狭小住宅の場合は、小規模住宅用地に該当することも多いので住宅を所有した後の税金がかなり抑えられるのです。

 

狭小住宅の間取りで気をつけること

 

狭小住宅の場合どうしても敷地の広さの面から、横への広がりには規制がかかってしまいます。そのため住宅建築の際には、気をつけておきたいポイントもあります。ここでは狭小住宅だからこそ注意しておきたいポイントをまとめます。しっかりと把握することでより良いアイデアにもつながります。

 

横がだめなら縦を活かす工夫をしよう

 

横への空間への限りがあるなら、垂直方向への活用が有効的です。都心部では個人的な住まいでも多層階住宅のご家庭も多くあります。2階建てや3階建て、4階建てなど建てに生活空間を増やすこともひとつの方法です。

 

 

M-LINEでお手伝いさせていただいたこちらの住宅は、都内の狭小地を有効活用したいとのご要望で港区の一等地ではありますが、わずか28.9坪という敷地に賃貸住宅を建築しました。都心ならではの狭小地での計画なので、間取りも工夫をこらし、賃貸物件+自分たちの快適な住まいとなっています。

 

空間の仕切りを少なくして開放感を演出

 

日本の住宅はどちらかというとしっかりと区分けした間取りを設定する場合が多いのですが、あえて空間の仕切りを減らすことで「空間の広がり感」を演出することもできます。生活スペースを奪ってしまう家具を減らすために造作家具をアレンジする、仕切りをつけるなら透ける素材などを使用し空間を広く感じるように工夫するなど、アイデアは無限大です。

 

視覚効果をうまく活用しよう

 

狭小住宅の最大のデメリットは圧迫感です。吹き抜けやスキップフロアや中二階などをうまく活用することで、視点も変化し空間の圧迫感も削減できます。

 

 

M-LINEでお手伝いさせていただいたこちらの住宅は、三角形の変形地+高低差の敷地での住宅建築となりました。この土地のデメリットをメリットに変えることができるのかが最大のハードルとなりました。車好きのご主人様は広々としたガレージ、奥様は都心だけれども暮らしに自然を取り入れたいなどたくさんのご希望がありました。自然の光や風が入るバルコニーや移動動線の良いガレージなど、快適な住まいが完成しました。

 

狭小地というデメリットをメリットに変えられる設計を

 

いくら利便性が良くても、狭小地という狭さはデメリットに感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。狭いからこそアイデアを、工夫をすることでより良い住まいにすることは可能なのです。

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。今まで培ってきた経験やノウハウを活かしながら、一緒に夢を形にしてみませんか。

 

家を建てる・・・不安なことは何でも聞いてください

 

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************