2020.04.05

賃貸併用住宅でグッと身近になる 東京の土地活用

人の集まる街、東京。人が多く集まるにつれ、暮らし方も多種多様になってきます。そのような中で近年、注目を集めているのが「賃貸併用住宅」です。その敷地のもつ特徴を活かしながら、自分たちの住まいを賃貸として貸し出す。新しい暮らし方のひとつです。

賃貸併用住宅は自分たちの住まいも同じ空間にある所から、普通の賃貸物件を管理することとは違ったポイントも発生します。新しい暮らし方を検討している方には、しっかりと知っておいてもらいたい情報をまとめました。あなたの暮らし方のスタイルに、賃貸併用住宅を検討してみませんか。




有効的な土地活用とは

土地活用というキーフレーズで感じることと言えば、自分たちの使用していない土地を何かに転用していると思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにそういった土地活用が多く行われていますが、広い目線で考えた時「賃貸併用住宅」も土地活用の一種です。

土地活用にはさまざまな活用方法がありますが、大きく分類すると下の4つに分けることができます。

〇 土地を売却する

土地を売却することにより、売却資金としてまとまった金額を得ることができます。また自己所有の不動産ではなくなるので、固定資産税などの税制対策としても効果があります。ただし他の土地活用と違い継続的な収入を得ることは不可能です。

〇 土地を貸し出す

こちらは土地自体を貸し出すスタイルです。使用の方法は借主によって異なります。借地期間は30年以上と定められているため、その期間は他への転用が難しく注意が必要です。

〇 土地信託など共同で活用する

土地活用のプロに土地の運用を任せるなどを行い、運用で得た利益から配当を受けるスタイルです。

〇 自己活用をする

賃貸マンションや賃貸アパート、コインランドリーや駐車場経営。賃貸併用住宅もこのスタイルに当てはまります。現在は使用していない土地であっても、持っているだけで固定資産税は課税されます。使用していない土地や空間を有効的に活用し、収益を得られる環境を運営することで、新たな可能性が広がるのです。

有効的な賃貸併用住宅にするために

賃貸併用住宅を建てる。目的は賃貸併用住宅を建てることではなく、「どう有効活用できるのか」がとても重要です。賃貸併用住宅の最大の魅力は、賃貸マンションのように他の建物を建築しなくても「家賃収入」を得られる暮らし方ができることです。賃貸併用住宅にリスクがないとは言い切れません。しかし他の建物を建てるなどの大きな投資がない分、着実に実績を重ねられる点が注目を集めているひとつの理由です。

ここでは有効的に賃貸併用住宅を活用するために、押さえておきたいポイントをまとめていきましょう。

賃貸併用住宅のメリット そしてデメリット

この世の中、メリットがあれば必ずデメリットも少なからず存在します。賃貸併用住宅などの土地活用の場合、メリットはもちろん大切なのですが、デメリットも重要な要素を握っています。デメリットは悪い部分という意味合いだけではなく、その事柄を把握することで「対策」を施すことも可能になります。デメリットを理解する=リスク対策とも言えるでしょう。

<賃貸併用住宅のメリット>

〇 念願のマイホームも取得できる上に、家賃収入でローンの負担を軽くすることも可能。

自分たちの空間をうまく活用することで、将来子どもたちへ財産として残すこともできます。またライフスタイルが変化した場合、賃貸部分を二世帯住宅へ変更するなど、アイデア次第で柔軟な対応も可能です。

○建築資金などの費用に住宅ローンを活用できます。

一般的にマンションなどを建て土地活用を行う場合、投資目的のためのローンでなければ活用できません。賃貸併用住宅の場合、自分たちの使用する建物部分が半分以上を占めていると住宅ローンを活用できるのです。投資用のローンは金利も高いため、金利の低い住宅ローンが活用できることは大きなメリットとなります。

<賃貸併用住宅のデメリット>

多くのメリット、魅力的なポイントの多い賃貸併用住宅ですが、メリットだけを安易に捉えることが一番危険です。賃貸併用住宅も立派なビジネスです。しっかりとデメリットを理解し、リスク対策を行うことが賃貸併用住宅をうまく活用する近道になります。

○一般的な住宅より借入額が多くなってしまう。

自分たちの暮らす以外のスペースを建築するため、建築費の上昇は仕方のない部分でしょう。建物だけ、土地+建物など、購入するスタイルはさまざまです。しっかりとした返済計画を立てることで、しっかり管理していきましょう。

○他人とスペースを共用することで、ストレスに感じることも。

お互いのプライバシーを確保する建物づくりをすることはもちろんなどですが、やはり同じ建物で生活することで一般的な住宅にはないストレスを感じることも否めません。同じ建物にオーナーが暮らす安心感を与えられる賃貸併用住宅ですが、オーナーの立場と責任も発生します。

○万が一の場合、売却がしづらい可能性も。

賃貸併用住宅は建物自体大型になりがちです。一方見た目より自分たちの生活スペースは半分以上(住宅ローンを活用の場合)を占めます。そのため一般の家庭が購入しやすいタイプではないことは、理解しておきましょう。7

このようにメリットもデメリットもある賃貸併用住宅です。検討時、建築時からしっかりとプランニングしていくことが大切なのです。

こんな建物で暮らしたいと思わせる建て方とは

賃貸併用住宅をうまく活用するために最も大切なことは、「こんな建物に暮らしてみたい」と感じてもらえる空間づくりです。賃貸併用住宅だからこそ、自分たちの生活空間も作りながら「安心して暮らせる住まい」をアピールできるのです。ここでは賃貸併用住宅のデザインについてのポイントをまとめます。

住宅を選ぶポイントはどこ?

国土交通省では、毎年「住宅市場動向調査」を行っています。この住宅市場動向調査とは、住み替え・建て替え前後の住宅やその住宅に居住する世帯の状況及び住宅取得に係る資金調達の状況等について把握し、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的として実施されています。

その結果を調べてみると、住宅選択の理由(複数回答:令和元年 )として上位を占めているポイントは下のようになっています。

○ 家賃が適切だったから(54.0%)

○ 住宅の立地環境が良かったから(52.8%)

○ 住宅のデザイン・広さ・設備等が良かったから(37.5%)

出典:住宅市場動向調査経年変化比較表(民間賃貸住宅)|国土交通省 https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00600630&tstat=000001017729&cycle=8&year=20191&month=0&result_back=1

建物の建つ立地や環境、そして家賃などの安定感は、過去5年間を見ても高い水準を保っています。その中でも注目するポイントは「住宅のデザイン・広さ・設備」に対しての重要度が上がってきているというポイントです。賃貸併用住宅はオーナーの自宅という面から、外観やデザインなどにオーナーの意向が知らず識らず反映されています。そこにしっかりと「入居者の視点」を組み込むことで、需要の高い賃貸併用住宅へ変化します。

こんな所に住んでみたい。こんな場所で暮らしてみたい。そう思わせることは何よりも大切なポイントを占めています。

賃貸併用住宅の可能性とは

賃貸併用住宅は新たな暮らし方として、人気が高まってきています。新しい暮らし方を始める場合、不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。しっかりとした賃貸経営を行うためには、「事前の準備が重要」です。しっかりとしたエリアの分析。その建物が建つ地域の求めるライフスタイルの形。どんなことに需要があるのかによっても、間取りも広さも変化します。

自分たちで細かな調査を行うことは、簡単ではありません。そのために建築を依頼する、管理を一緒にサポートしてくれる「パートナーの選択」は、賃貸費用住宅の活用を左右します。賃貸併用住宅を取り扱っている実績やサポート体制など、安心して任せられるパートナーを選ぶこと。そのことによりその会社が培ってきた経験やノウハウ、ネットワーク力などによって違いが現れるのです。

住宅の可能性は無限大 私たちがあなたをサポートします

賃貸併用住宅は、しっかりとした計画やプランによって「安定した利益が望める」「地道に歩く経営ができる」ビジネスのひとつです。ライフスタイルの変化にも柔軟に対応でき、将来に向けての収入の安定や節税対策なども見込めます。

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************