2020.04.18

都内で建てる鉄筋コンクリート住宅 特徴と良さを生かしきる

都内でマイホームを購入する場合、敷地の広さや周りの規制などで自分たちが思う形で進まない場合も考えられます。その場合、計画を変更する場面も。都内の限られた敷地で自分たちの思うような広さを追求する場合、鉄筋コンクリート住宅(RC造)も選択種のひとつになります。

日本で多く建築されている一般的な家庭用の住宅は、やはり木造が多く建築されています。しかし地域性を生かしながら家づくりをするためには、さまざまな構造や工法を活用することも必要です。今回は広い土地が求めづらい都内での住宅事情をふまえ、「鉄筋コンクリート住宅」の魅力にせまってみましょう。特徴と良さを知ることにより、家の可能性は無限大に広がります。

鉄筋コンクリートを生かしきる家づくりをご紹介します。




住宅の特徴を作る 構造の違い

鉄筋コンクリート住宅の魅力を紹介する前に、他の構造とはどのようなものなのか。違いを知ることは大切です。その基本を解説していきましょう。建物を建築する際に活用されている構造にはどんな種類があるのでしょうか。代表的な例をいくつかピックアップしてみましょう。

建物構造の種類

  •  木造(W造:Wood)

木造住宅の主な構造部分には、多くの木材を使用して建てられています。春夏秋冬で変化しやすい日本の気候や風土を生かしながら生活できる住宅を建築しやすいという部分から、長い期間使用されている家づくりの構造です。

  •  鉄骨造(S造:Steel)

鉄骨造の住宅は、柱や梁などの骨組に鉄骨を使用して建てられている住宅です。イメージとしては木造住宅で住宅を支えている大きな柱や梁が、そのまま鉄骨に入れ替わったという感じでしょうか。強度的にも耐久性的にも高い品質のものを使用しており、木造建築では建てられない高さの家づくりも可能となります。

鉄骨造住宅は、その中でも「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」に分けられます。使用する鋼材の厚みによって判断されます。その使用される厚みによっても耐久性も変化します。

  •  鉄筋コンクリート造(RC造:Reinforced Concrete)

鉄筋コンクリート造の住宅は、強度のある鉄筋を張り巡らせてある構造にコンクリートを流し込み作られています。家の基盤となる柱や梁、床・壁などが鉄筋とコンクリートで構成し組み合わされながら、強度が必要な建物や大規模な建物に対して必要な強度を出しています。

鉄筋は、引張力(引っ張る力)には強いが、熱に弱く錆びやすい特徴を持っています。一方コンクリートは、熱に強いが、引張力(引っ張る力)に弱い特徴があります。お互いの良さを生かし、弱点を補いながら高い耐久性を実現しているのです。

構造によって良さも特徴も違うのです

上で解説したように、家の構造によって建てられる住宅の特徴や良さは、大きく違いが現れます。自分たちの家に求めるこだわりや地域性・立地環境・家を建てる際の規制なども、家づくりの構造選択には重要となるのです。知り合いの家が木造だから、自分の家も木造がいい。という簡単なことではないのです。

ライフスタイルの状況、家族構成、デザイン、安全性能など、幅広い目線で家づくりとすること。それが後悔しない家づくりには大切なポイントです。

防音性の高いRC住宅

前回のコラムで防音性について解説してきました。快適な環境を作り出す、プライバシーを守る、防犯性を高めるなど、防音性能はさまざまな効果を生み出します。さまざまな構造がある中で、RC住宅(鉄筋コンクリート造)は高い性能を発揮します。ここではこんな場合RC住宅ならばどうなのだろうという、知りたいポイントをご紹介します。

生活の音はどのように聞こえるの?-RC住宅編-

構造の違いで音の違いがあることは、なんとなく想像できる部分だと思います。さまざまな構造がある中で、もしRC住宅で暮らしたらどうなんだろう?と思う音の違いを、まとめてみました。

掃除機や洗濯機など、日常の生活音はどんななの?

掃除機や洗濯機などの機械音は、多少聞こえるものの気にならない程度です。住宅地など静かな環境の場合、多少響くことも考えられますが、他の構造と比較するとかなり抑えられる構造であると言えます。

子どもたちの走り回る音はどんななの?

子どもたちが動き回る場合、音の他にも振動から感じる部分があることも否めません。その点耐震性にも優れた特徴を持っているため、大きくジャンプなどする以外は、抑えられる構造です。外からの遮断性能にも優れていますので、よほど大きな音でなければ防ぐ効果も高い住宅です。

楽器の演奏などの音はどんななの?

趣味やお子さまの習い事で、楽器演奏をされるご家庭もあるでしょう。RC住宅でも全ての音を防ぎきることはできません。演奏する楽器にもよりますが、大きな音でなくても「コツコツ」など、人によっては気になる方もいらっしゃいます。音のトラブルは、近隣住人とトラブルにつながりやすい項目のひとつです。楽器演奏などを多くするご家庭の場合、しっかりとした対策を施すことも考えましょう。

構造の違いで比較すると

構造による一般的な音の比較としては、木造>軽量鉄骨住宅>重量鉄骨住宅>RC住宅(鉄筋コンクリート住宅)の順になります。構造の違いによって、防音性にも違いが出ることを認識しておきましょう。

その他の魅力的な特徴とは

RC住宅(鉄筋コンクリート住宅)の優れている点は、防音性能だけではありません。その他にも優れた魅力や特徴を持った構造です。あなたらしい家づくりに生かせる家づくりにために、その特徴をしっかりと把握しておきましょう。

  •  高い耐震性能

家族の命を守る、家族の財産を守る上で重要になるのが、この耐震性能です。我が国日本は、世界の中でも地震などの自然災害が多く発生する地域です。近年では東日本大震災や熊本地震、中越地震や阪神淡路大震災などの大規模な地震の経験も記憶に残るところです。

現在日本の住宅建築の現状は、木造住宅、鉄骨造住宅、RC住宅(鉄筋コンクリート住宅)を問わず耐震施工を行うよう建築基準法でも定められています。しかし実際に震災などの被害の状況を分析してみると全半壊する住宅も多い中、RC住宅は多くの被害を抑えています。

鉄筋コンクリートを主に使用しているRC住宅は、重量のある剛構造になります。その重量感は揺れに対して強さを発揮します。

  •  高い耐久性能

耐震性能と比例して、RC住宅は非常に高い耐久性能を持っています。さまざまな構造のある中、建物全体が一体に近い構造であるため、耐久性能を高めているのです。近年は台風などでも大きさも規模も以前とは比較にならない程、脅威を増しています。耐風性にも優れているRC住宅は、関東などの台風の被害を受けやすい地域でも注目をされている構造なのです。

建物の比較として使用される法定耐用年数でも、他の住宅よりも長い47年とされています。寿命=耐用年数ではありませんが、長く安定して過ごせる構造であると言えます。メンテナンスなど日頃のケアにより、2~3世代にわたって住める可能性が高まる家づくりができるのです。

  •  高い耐火性能

RC住宅(鉄筋コンクリート住宅)の構造で使用されているコンクリートや鉄筋は、素材自体も非常に燃えにくいとされています。住宅の建築基準とされる建築基準法では、鉄筋コンクリート造の建物は「耐火建築物」と認定されています。そのため火に対して損傷しにくく、延焼を食い止める能力が高いとされています。

耐火性能を判断するためには、ふたつの性能が要求されます。それは「倒壊防止」「延焼防止」です。耐火構造には「倒壊防止」「延焼防止」の2つの性能が要求されます。高い性能を持ったRC住宅の場合、建物自体が燃えにくいので、火災のリスクが低いと判断されます。そのため保険料が低く抑えられます。

その他にも、優れた気密性能と遮音性、それにともなう省エネ性能、自由なデザイン性能など、たくさんの魅力が詰まった構造なのです。

住宅の可能性は無限大 私たちがあなたをサポートします

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************