2020.04.29

RC造とはどんな建物?都内で活かせる構造の秘密とは

日本の首都である、東京。

さまざまな形。さまざまなデザイン。さまざまな高さなど、数多くの建物が建っています。そのひとつひとつが、オリジナルのカラーを出し、街をかたどっています。高層の建物も多くあり、今は個人宅でも上の空間を活かした住まいづくりを楽しんでいる方も、多くいらっしゃいます。

住まいを快適にする。家族が笑顔で、健康で過ごせる家にするためには、建てる家の特徴を知ることはとても重要です。今回はRCで我が家を検討している方へ「家の基礎になる構造」について解説していきましょう。あなたの家づくり、家選びがもっと広がること間違いなしです。




RC造でも違いがあります

RC造=鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)の建物を表しています。英語を直訳すると、「補強されたコンクリート」となり、建物構造の主要となる部分は、鉄筋とコンクリートで構想されています。鉄筋を組み、型枠にコンクリートを流し込むことで、「建物を支える強固な基礎部分」を作ります。木造建築で言えば、家を支える大きな柱や梁などが、コンクリートと鉄筋で組み上げられていきます。

そしてこのふたつの建築素材は、お互いの良さを引き出し、弱さを補うことでその特徴を発揮しています。例えば鉄筋の素材自体は、引張力(引っ張る力)に優れています。一方熱に弱く錆びやすいという弱点も持ち合わせています。そこを補うのがコンクリートの「熱に優れている」という特徴です。その反面、コンクリートは引張力(引っ張る力)に弱いという弱点を持っているのです。

こういう協力体制がしっかりと組み合うことで、マンションなどの大型建築も可能としているのです。

RCが付く構造はひとつではありません

今まではRC造の特徴を解説してきました。RCというフレーズが使われる建物にはまだ種類があり、SRC造=鉄筋鉄骨コンクリート造という構造があります。

SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造(Steel Reinforced Concrete Construction)と呼ばれRC造に鉄骨造(Steel)が入っているという部分がポイントです。通常であれば鉄筋で構成されている構造の部分が「鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを打ち込んで施工」してあるのです。鉄骨の強さも使い、より優れた耐久性を追求することが可能です。現在では、大型マンションやビルなどの大規模な物件などに多く活用されています。

RC造の最大の特徴は

RC造、SRC造ともに、高い耐火性、耐久性、耐震性などの安心性能を備えています。家族の命、そして財産を守る家づくりに適した構造とも言えます。一方その安心性能を活かしながら、開放的なデザインを追求、オリジナリティの高いデザインの追求など、自分たちの夢や形を実現できる部分も大きなメリットです。

やはり強さがキーワード

RC住宅の最大の強みは、「高い耐火性、耐久性、耐震性などの安心性能」です。そこで暮らす人へ安心した住まいを提供するために、さまざまな部分から住宅に対する影響を考えて作られてきています。それは住宅の構造に対して、どのような力が作用しているのかを知るという部分です。

実際日常の生活を送るために、建物にはさまざまな影響が与えられます。例えば建物自体から来る重量や、その中で生活する人や物から来る重量などが考えられます。そして建物は自然環境に囲まれた悪条件の中に立ち続けています。そのため「風の圧力」「地面の圧力」「水圧」「地震などを含めたさまざまな振動や衝撃」に耐え続けられる住宅でなければいけないのです。

上からかかる力:建物自体の重さ、人や物の重さ、積雪などの重さ

横からかかる力:風や地震

のように、かかる力の方向もさまざまです。そこで暮らす人の笑顔を守るための工夫が、最大限組み込んでいる構造とも言えるのです。

強さの要になる工法とは

RC造の建物の強さを守るために、欠かせないのが要となる構造の作り方です。コンクリートと鉄筋とが一体となった構造ではありますが、壁式構造とラーメン構造の二種類に分けることができます。その違いを解説していきましょう。

壁式構造 ラーメン構造
 

柱が無く壁により支えられる構造です。いわゆる壁式構造は、壁という「面」で力を受けるイメージとなります。壁という面で力を受けるという構造上、大きな開口部を取り入れる、リフォームなどの際に既存の壁を取り払えないなどの制約が出る可能性があります。一方面で支える強さを活かし、基本的に柱や梁を抑えることができます。

その長所を活かすことで「室内をスッキリとした空間」をデザインすることが可能となります。壁をがっしりと厚く頑丈に作られる構造として、地震に強い家を建てることができます。

 

柱と梁により構成されている構造です。ラーメン構造は、柱・梁の「線」でかかる力を受けるイメージになります。柱と梁の接点をしっかり接合しながら作られます。柱・梁のフレーム構造を活かし耐力を作り出していくので、壁のない自由な空間を創造することも可能です。幅広い対応力から、鉄骨造や鉄筋コンクリート造でも採用されています。

ラーメン構造の場合、間取りの変更が比較的自由にできる部分を活かし、将来リフォームする際にはとても有利です。

RC造の魅力を活かした活用を

RC造のメリットは、オリジナリティの高いデザイン性を追求できることも上げられます。それが実現できるのも、基本性能が高いことの証明でもあります。一般的に言われる基本性能とは、耐震性や耐久性、耐火性、劣化、遮音、断熱など、住宅の安全性能や快適性能に大きく係わっています。特に耐火性能に関しては、コンクリートという素材自体が燃えにくい特徴を持っています。高温になった状況下でも、変形しにくく万が一火災が発生してしまった場合でも、復旧しやすく、日常生活を取り戻しやすいのです。その証明として、火災保険などでは高い割引制度も活用できます。

他の構造では表現しづらい 自由な曲線も

一般的な木造住宅や鉄骨系住宅の場合、曲線を建物に採り入れることは高度な技術と大変な手間が求められてしまいます。RC造の場合、他の構造では難しいとされている曲線などのデザインも取り入れることもでき、より個性的な住まいを創造することも可能です。

2層吹抜の大空間などの創造や大型なガラス窓を使った自然を活かした空間づくり。オリジナリティの高い曲線デザインの創造やコンクリートの素材そのものの美しさを活かしたデザインづくりなど、アイデア次第で可能性は無限大に広がります。

住宅の可能性は無限大 私たちがあなたをサポートします

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************