2020.09.21

宿泊事業を住宅で!東京で始める新しい暮らしの形

人の集まる街、東京。

さまざまな魅力も多く、人それぞれの楽しみ方のできる地域として、国内外からも人が集まってきています。

そのような状況から、旅行者から人気の高い東京23区エリアは宿泊施設が不足している傾向が続いています。

その状況は現在だけではなく、今後も需要が見込めることから、新たなビジネスチャンスとして注目も集まっています。

新しいことにチャレンジする場合、それに対する期待の反面、不安や疑問もつきものです。

今回は住宅のスペースをうまく活かす土地活用の方法として、「宿泊事業」にクローズアップしてみましょう。

さまざまな知識を増やすことで、東京だからこそできる!新しい暮らし方も可能なのです。

今からでも検討できる。宿泊事業のこれからを解説していきましょう。

そもそも住宅を宿泊環境へとは、どんなこと

近頃よく耳にする民泊とは、旅館やホテルとは違う宿泊形態になります。

通常の住まい空間としてある、戸建住宅やマンションの部屋などを貸し出すことにより、旅行者や出張者などに宿泊サービスを提供しています。

「ホテルなどよりも安価で長期間宿泊できる。」

「ホテルなどと違い身近な生活を、旅行でも味わえる。」

など、新たな宿泊空間を提供できるとして、利用者にも提供者にもメリットのある取り組みのひとつです。

宿泊事業と賃貸経営をマッチングさせる

今までの土地活用では、家族以外の人に住まいスペースを提供する「賃貸経営」に注目が集まっていました。

賃貸経営を行う上では、多くのメリットがある中、いくつかのリスクも存在しています。

そのひとつが、「賃貸物件の空室リスク」です。

総務省「平成30年住宅土地・統計調査」によると、都内の空き家は81万戸、空き家率は16.7%にも上っています。

そしてその6割にあたる49.4万戸が賃貸共同住宅となっています。

LIFULHOME’S「見える賃貸経営」によれば、東京23区の空室率は15.9%というデータもあります。

都内の賃貸物件の空室率の改善は不動産運用の喫緊の課題になっています。

この空室リスクは、収入の面で大きく影響をあたえやすい部分でもあり、どう対策を練っていくかによって経営方法に左右します。

そこで新たな考え方として考えられているのが、賃貸住宅の空室リスクを軽減のために「賃貸住宅と宿泊事業の併用」という経営視点です。

お互いのメリットを活かしながら、そしてリスクを軽減させるアイデアを組み込むことで、より稼働率を安定させる可能性も高まります。

上でご紹介したように、宿泊事業の方法はひとつではありません。

工夫やアイデアによって、可能性は無限大に広がります。

その可能性を実現するために必要な知識を、解説していきましょう。

宿泊事業を始めるなら

民泊など「自宅で宿泊事業を始める」ためには、ルールを定めた法律や制度があり、行政などに手続きが必要となります。

今までも民泊に関する法律や制度では、「旅館業法 簡易宿所」「国家戦略特区法特区民泊」などが七ありましたが、2018年6月より、「民泊新法」も加わりました。

今回は新たに加わった「民泊新法」について、解説します。

民泊新法とは

民泊新法は、「住宅宿泊事業者(=民泊ホスト)」「住宅宿泊管理業者(=民泊運営代行会社)」「住宅宿泊仲介業者(=民泊仲介サイトなど)」という3つのプレーヤーとして位置づけられ、それぞれに対して役割や義務等が決められています。

その各プレーヤーがうまく連携を取り、制度の一体的かつ円滑な執行を確保するため必要なものをまとめているのが「民泊新法」になります。

その関係性は、下の図のようになっています。

出典:住宅宿泊事業法(民泊新法)とは?|民泊制度ポータルサイト

住宅を宿泊施設として提供する「住宅宿泊事業者」となる場合、下のような届け出を行う必要性があります。

商号、名称または氏名、住所(法人の場合は役員氏名)

住宅の所在地

営業所または事務所を設ける場合はその名称と所在地

住宅宿泊管理業務を委託する場合は、委託先の住宅宿泊管理業者の商号など

図面の添付 などが義務づけられています。

※ 詳しくは「住宅宿泊事業者の届出に必要な情報、手続きについて|民泊制度ポータルサイト」を参照してください。

なぜ民泊新法が生まれたのか

今まではこのような宿泊事業を行うためには、旅館業法によって営業許可を得なければならないことになっていました。

しかし一般の住宅が旅館業の許可を取ることは容易ではなく、許可を得ないまま民泊を行うケースもあったのが現状です。

近隣への周知や理解が不足することで、「セキュリティへの不安」や人が集まることで起こる「騒音」、日常生活ルールを守らない「ゴミ出し」など、近隣住民からの苦情なども多く寄せられた部分もあり、健全なサービスの提供をするために、誕生しました。

しっかりとした手順をふむことで、健全な宿泊事業の経営を行うことが可能となります。

しっかりとしたパートナー選びが、宿泊事業を左右する

初期のかかる届け出などの準備に加え、マンション経営、賃貸併用住宅などと同様で、経営の方向性ひとつで収入も左右する宿泊事業。

その上、提供するお客様の数も増えるため、どう管理を行っていくのかによっても、オーナー様の負担も変化してきます。

堅実な経営を行うためには、パートナーの選定も、大きく左右します。

快適な環境を建てることが得意な会社や、サポートに特化している会社など、同じ宿泊併用住宅を提供している会社でも、特色はさまざまです。

M-LINEでは、2つのポイントをしっかりとサポートする「ワンストップサポート」をご提案しています。

<ポイント1>これからも増えるインバウンド需要に対応!

政府の観光立国の実現に向けたインバウンド施策により、訪日外国人数は年々増加しています。

提供するオーナー様も、利用するお客様も安心して宿泊できるサービスの提供をサポートします。

<ポイント2>賃貸住宅+宿泊事業のアイデアで、空室リスクを低減する!

旅行者に人気の高い東京都心の宿泊施設は、不足しているのが現状です。

究極の土地活用ともいわれる宿泊事業は、賃貸住宅事業より高収益が見込めるうえ、不動産活用の現実的な選択肢として注目を集めています。

このふたつのポイントを基盤とし、M-LINEの提携パートナーとの連携で運営までワンストップサポートで、オーナー様の経営をしっかりとバックアップします。

事業をしっかりと分け、ワンチームでのサポート体制

東京の多層階住宅に精通したデザイナーが、納得いくプランを一緒に作り上げます。

東京の難題である狭い敷地や変形した土地、複雑な法規制など、東京の地域性と民泊サービスの問題に精通したスタッフが、オーナー様の声を実現へとお手伝いします。

そして運用の方でも、宿泊併用住宅のノウハウと賃貸併用住宅のノウハウをマッチングしながら、建てた後の経営もしっかりとサポートします。

できないではなく、できる方法を探します

他社では「できない」と言われたこと。私たちなら実現できるかもしれません。

東京に特化しているからこそ持っている当社独自のノウハウがいろいろあります。

これまで多くの不可能を可能にしてきた専門スタッフに、ぜひお気軽にご相談ください。

住宅ができる可能性を追求しよう~Let‘s Pursue The Possibility Of Housing~

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。

一般住宅の建築から、マンション経営、賃貸併用住宅などの土地活用まで、幅広くサポートしています。住宅ができる可能性を 無限大にする!お手伝いをしています。

M-LINEでは「オンライン相談」も無料で行っています。自分な好きなところで、好きな時間で利用できる便利なサービスです。スマートフォン、パソコン、タブ レットのどれからでも接続でき、会話と合わせて情報も共有しながら相談できます。

オンラインでカンタン相談 土日もOK

「そろそろマイホームを建てたいと思っているけれど、なかなか時間が取れない」
「自分たちがリラックスる場所で、じっくり家づくりについて検討したい」
など、いろいろなスタイルに対応させていただきます。
安心のオンライン相談でM-LINEの家づくりオンライン相談で、家づくりの疑問や不安を解消してみませんか?

オンライン相談

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

**************************************************************************************