2017.06.03

【墨田区鉄骨4階建て】重量鉄骨造のコンクリート品質検査についてご紹介!

こんにちは!

 

先日行ってまいりました、

墨田区4階建て重量鉄骨造のコンクリート打設の現場。

そこで行われたコンクリートの品質検査の様子をご紹介します♪
P1090442

 

こちらは生コンの流動性(硬さ・柔らかさ)を調べるスランプ試験の様子です。
P1090439

バケツの中に入れたコンクリートを

プリンのようにひっくり返して出した際の

コンクリートの形・高さで生コンの状態を確認します。
P1090441

 

次に、こちらの6つの黒い筒は、

コンクリートの強度試験を行うための物です。

筒の中に詰められたコンクリートを28日かけて固めます。

固まったコンクリートを機械によって圧力をかけることで計測します。

 

そして、最後が塩分濃度試験です。
P1090467

コンクリートの中には塩化物が含まれます。

この塩化物が多いと、コンクリートに接する金属が錆びてしまうもとに∑(´Д`)

塩化物が既定の基準内に収まっているかをこの段階で確認します。

 

このように、コンクリート打設の現場では

安心して長く暮らせる住まいのために、

コンクリートの品質チェックが行われているんですよ(p*’∀`*q)

 

コンクリート試験の詳細は、こちらからご覧ください♪

1.コンクリート基礎の『スランプ試験』 ← Click!

2.コンクリート基礎の『強度試験』 ← Click!

3.コンクリート基礎の『塩分濃度測定』 ← Click!