BLOGスタッフブログ

2016.10.24

【約70帖の地下室付き多層階住宅 第1弾】 東京で進行中の約70帖の地下建設の様子をご紹介します!

こんにちは!

 

東京の注文住宅を数多く手がけてきた当社が得意とする、

地下付き住宅の建設、その中でもひときわ規模の大きい地下工事が現在進行中です。

今回は、その現場での地下空間の工事の様子をご紹介します!

 

まずは、こちらをご覧ください。

地下工事の様子

こちらは現在新宿区で進行中の現場の地下工事の様子です。

存在感のある赤銅色の部材、

ぐるりと周囲を囲っているものが「腹起し」、真ん中を縦断しているものが「切りばり」といい、

地下を掘削した周りの土壌が崩れてこないように土留めの上から抑える支え(支保工)です。

コンクリートを施工する前

こちらの写真の下で作業している方々の大きさから分かるように、

実はかなり広くて大きい地下を作っています。

なんと、広さは約70帖、深さは地下1階と地下ピットを併せて約5mもあります!

(地下ピットとは、建物の地下にある配管などを検査できるように作られた空間です。今、豊洲で話題ですね。)

 

この写真はまだコンクリートを施工する前の状態ですが、

この後コンクリートの打設が終わると一気に地下らしい雰囲気になります(∩´∀`)∩

 

当社では、東京ならではの限られた土地をうまく活用するため、

地下室の施工にも多くのノウハウを集約しています。

お家づくりをお考えの方はぜひ私たちにご相談ください!