BLOGスタッフブログ

2016.11.07

鉄骨造住宅に柔らかな印象を与えてくれる『アール』はいかがでしょうか?

こんにちは!

 

突然ですが『アール』ってご存知でしょうか?

 

「アール」とは曲線や曲面のことで、建築用語としてもたびたび登場します。

(半径を意味する「Radius」の頭文字をとってR(アール)というそうです。)

 

6階建て賃貸併用の鉄骨造住宅を例に、

実際にアールを取り入れた例を見てみましょう!

アール

こちらのお家は、ガレージと入り口の上部にアールを取り入れることで

真四角の構造の物よりも、柔らかでおしゃれな雰囲気に仕上がりました。

 

当社の得意とするタイルの魅力を引き出すように、

設計が腕を振るい、緻密な職人芸によって施工しています。

そのおかげで、アール部分の並びの異なるタイルも均整が取れ、

タイルの高級感とアールの繊細さが美しい、素敵な外観を実現することが出来ました(o’Д’b)b☆゚。+。

 

当社では、東京で建てる『こだわりの注文住宅』だからこそ

お部屋の間取りから外観、日々の使い勝手の良さまでこだわった住まいつくりの提案を行っています!

東京で多層階住宅をお考えの方はぜひ私たちにご相談ください!