BLOGスタッフブログ

2017.01.20

お部屋の湿度を一定に保ってくれる、素敵な内装材をご紹介!

こんにちは!

 

まだまだ寒い季節が続きますね。

こんな冬の時期は乾燥で肌のカサカサやのどのイガイガが気になりませんか?

 

今回は梅雨のじめじめだけでなく、そんな冬の乾燥にも効果のある

調湿機能を持つ内装素材についてご紹介します!

 

まず1つ目がこちらの漆喰壁です。

漆喰壁

漆喰の壁を実際に使用したリビングの例を見てみましょう。

白い漆喰の風合い

こちらのお家では、漆喰の壁にこだわられてお家の壁『全て』を漆喰で仕上げています。

クロスにはない白い漆喰の風合いが

木目のフローリングとマッチしてとっても素敵ですね(∩゚∀゚∩)

 

2つ目が、調湿機能を持つ内装用のタイルです。

内装用のタイル

タイルを実際に使用したLDKの例を見てみましょう。

お部屋のアクセント

こちらのお家では、お部屋のアクセントとして使用しています。

キッチンと色合いを合わせることで、お部屋の中に統一感が生まれ

黒と白のコントラストが高級感を演出してくれて魅力的ですね(*´▽`*)

 

湿度の高いときに湿気を吸って、乾燥した時には吐き出して

お部屋の湿度を適度に保ってくれる機能性の内装材。

実は機能はこれだけじゃないんです!

 

この他の優れた機能や、実際の施工事例など

少しでもご興味頂けましたら是非一度お問い合わせくださいヽ(≧▽≦)ノ