東京で暮らす工夫 防音・騒音に強い住宅づくり

 

東京で多層階の鉄骨・RC併用住宅を建てる

 

東京で展開している住宅会社です

 

東京都は人口も密集し、建物多く建築されています。そのため新たに住宅を建築しよう!と思っても、自分たちの思い描くようには、うまく行かない場面も多くあります。

東京をメインに展開しているM-LINEでは東京での土地を最大限活かすため、10cmであろうとも無駄にしない家づくりをご提案しています。住まいの快適性は広さだけではありません。私たちM-LINEでは。空間の広さはもちろんですがその土地が持っている潜在的な価値から、新たな住宅の可能性をご提供しています。

すなわちその土地に住宅を建てることができるように、さまざまな用途から家づくりの一歩を考えることを大切にし家づくりを提案します。

 

M-LINEで希望を叶えた 施工事例ラインナップ

 

 

 

地元密着を重視に!住んでからも安心できるサポート力

 

東京23区にエリアに特化した住宅会社として地域密着を大切にし、細かなサービスをお約束します。建築エリアに特化することで、その土地の特徴を熟知し、問題が起きてもすぐに対応することが可能です。

地域密着だからこそできる!細かな対応で、住宅の建築はもちろん、その後のサポートも安心してお任せください。

※東京23区以外でもできる限り対応させていただいております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

あなたの考える夢のために諦めない対策を

 

特に都内では狭い敷地や複雑な法規制も多く、難しい条件となる場合も考えられます。地域密着型の住宅会社ならではのアイデアとノウハウを活かし、夢を現実に変えること可能です。

他社では「できない」と言われた案件でも、諦めず私たちに聞かせてください。あなたの夢に実現に向けて、一緒に対策を考えましょう。

 

知っておきたい 鉄骨・RC住宅の豆知識

 

 

東京で暮らす工夫 防音・騒音に強い住宅づくり

 

日本の中でも中心となる東京。総人口1億2618万人(令和元年11月1日現在:総務省統計局)の中で、東京都は13,921,325人(令和元年8月1日現在:東京都庁ホームページ)が暮らしています。

全国と比較すると、総人口の約11%が住む東京都には人口が密集しています。利便性も高く、魅力的な地域や施設、スポットも多い東京ですが、人口密集地ならではの問題も抱えています。

人口が密集し狭い敷地で建てる建築物のため、どうしても隣との距離も近く騒音や」プライバシーの面では注意が必要です。

土地が狭いから快適な住宅は建てられないのか?

決してそうではありません。

今回は自分たちの生活を快適にする家づくりを見据えて、防音・騒音に強い住宅づくりに着目します。

 

 

住宅づくりのために知っておきたいこと

 

家づくりのためにはまずはどんな場所に住宅を建築するのかは、とても重要です。ライフスタイルに合わせて建てる地域も検討する方も多いでしょう。現在の東京都では、地域ごとにどんな変化が起こっているのかをまず把握しておきましょう。

 

人口の多い区top5

東京都で人口の多い区は右図の通りです。

そして人口増加の多い区市町村(対前月比)の数値でも、世田谷区 2,674人、練馬区 2,102人にもランクインしています。やはり人気の集中している地域でも住宅建築は、敷地を手に入れられるか。希望の広さを手に入れられるのかなどの問題も大きくなってしまいます。

広さが確保できない。希望通りの土地の広さが手に入らない。では家づくりをどう工夫していくのかがとても大切になってくるのです。

出典:「東京都の人口(推計)」の概要(令和元年5月1日現在)|東京都ホームページ

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/05/27/03.html

 

 

東京都内の住宅建築に必要なこととは -防音・騒音に強い家づくり-

 

東京都内で住宅建築を行う場合、必要なポイントはたくさんあります。

・希望通りの敷地が手に入らないからこそ、多層階住宅などの上を活かす家づくり

・住宅が密集しているからこそ、災害などにも対策できる家づくり

・隣人との距離が近いからこそ、防音・騒音などのトラブル回避の対策

などいくつもあがってきます。その中でも音の問題は近隣トレブルにも発展しやすい課題としてあがってきます。下には生活していく中で感じられる音のレベルを一覧表にしてみました。

一般的に高さ1.6mの位置で測定した場合、約80dB(デシベル)を超えると不快・うるさいと感じてしまいます。そして内からの音を防ぐことはトラブル防止の面だけでなく、防犯の面でも大きく効果が期待できます。

外からの騒音を抑えながら、自分たちの生活を知られないプライバシー保護が東京の生活には必要なのです。

 

 

M-LINEがRC住宅・鉄骨住宅を勧める訳

 

賃貸物件とは違い住宅の建築は、ずっとそこに暮らし続けるため地域の選定と住宅の構造は重要なポイントです。M-LINEでは建築用途を限定しない家づくりをテーマに展開していますがの中でもRC住宅・鉄骨住宅を勧めています。そのRC住宅・鉄骨住宅を勧めている訳とは防音・騒音問題にも大きく関わっています。

 

「鉄骨造」の防音性

 

鉄骨造の防音性は、木造と比較しても優れている特徴があります。鉄骨造の場合、軽量鉄骨造と重量鉄骨造の二種類に分かれますが、重量鉄骨造の方が防音性は高くなります。

 

「RC造」の防音性

 

さまざまな構造建築がある中で最も防音性が高いのはRC造です。RC造の素材は主に床下や側面の壁がコンクリートを使用されて建築されています。コンクリート自体が重量が重く、防音性が高い特徴を持っています。

このように使用する断熱材や壁の素材によっても防音性は変化しますが、元の基礎部分が高いのが鉄骨住宅とRC住宅なのです。

 

防音性を高める工夫も重要です

 

構造から防音性・騒音対策を高めることもひとつの方法ですが、建てる際に選ぶ素材や建ててからのアイデアによっても大きく変化します。

防音性を高めるために有効な方法としては、防音壁(遮音壁とも呼ばれ、周囲の静寂性を確保するための壁)、防音パネル(建物の壁に設置)、遮音シート(騒音を遮る防音効果シート)などもあります。

 

 

どんなことにこだわりたいですか お気軽にご相談ください

 

快適な家を作ること。

家族が笑顔で暮らせる、健康に過ごせる家を作ること。

これを現実にすることは、言葉にするよりも難しいことです。そして家づくりは自分たちだけできるものではなく、建ててもらうためのパートナーの選定はとても重要な部分です。

自分たちが建てる住宅にどんなこだわりがあるのか。そしてここだけは譲れないポイントがあるのか。

小さなことでもいいのです。しっかりとパートナーに伝えてみましょう。M-LINEではどんな小さな声であっても、お客様の想いをくみ取り、最大限家づくりへ活かしていくことが大切と考えています。

諦める前にあなたの声を聞かせてください。一緒に家づくりを一歩進めていませんか?

お気軽にお声がけください。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

このページには直接アクセスできません。