【新築建設現場の豆知識】
コンクリート基礎の『スランプ試験』

お家を建てる上で、欠かせない重要ポイント『基礎工事』。
この基礎工事で使用されるコンクリートの『品質』を検査する
『スランプ試験』についてご紹介します。

M-LINE0127_2

皆様、ご存知でしょうか?コンクリートにも品質があるんです。

新築計画を考える上では、ついついお家の内装や使い勝手の良さ、
性能などに目が向きがちです。しかし、お家を建てる土台である基礎、
ここに歪みが出てしまうとその上に建つ家にも大きな影響が出てきます。
IMG_0252
そこで重要になるのが、家の基礎を作るためのコンクリートの品質です。

コンクリートはその時々の気温や湿度などの条件によって、
最適な品質にするために配合する量を調整しないといけません。
そこで行うのが『スランプ試験』というコンクリートの硬さを見るための試験と、
スランプ試験から28日後に行う『コンクリート強度試験』です。

今回はこの2つの試験のうち、『スランプ試験』についてご紹介します。

さっそく『スランプ試験』の様子を見てみましょう。
プレゼンテーション1
コンクリートミキサー車から現場打ち込まれるコンクリート。
まず、その中から抜き打ちで採取したコンクリートをスランプコーンに詰めます。

写真の①が「スランプコーン」です。

プリンをカップから出すようにして、スランプコーンを引き抜いた時に
中のコンクリートがスランプコーンの頂点からどれだけ下がったかを調べます。

写真の②が実際に出してみたコンクリートです。
このコーンから出したコンクリートの状態でコンクリートの質を見極めます
2プレゼンテーション1
建築に適しているのは、カップから引き抜いたコンクリートの
高さが15~18cmだといわれています。

この検査で工事に使用するコンクリートの品質を確認し、
基礎へのコンクリートの打設を行います。

次回は、このスランプ試験から28日目に行う『コンクリート強度試験』についてご紹介します。