免震住宅って何? 東京で安全性の高い住宅づくりを目指すために

東京で多層階の鉄骨・RC併用住宅を建てる

 

お客様に寄り添う 本当の注文住宅を目指す会社です

 

人口密集地の東京。そんな東京都内での家づくりは、さまざまな問題が発生します。

敷地面積による広さの問題。

間口が狭い、台形や三角形などの変形地、高低差が激しい住宅地など、住宅の建築にとっては悪条件や過酷な環境課となる場面も少なくありません。その上建築基準の規制や地域によって野防火対策の必要性など、クリアしなければならない項目はいっぱいです。

東京は日本一地価の高い地域です。利便性も高く、魅力のあるスポットも多くあります。そのため住宅建築において、少しも無駄にはできません。横方向の面的なスペース活用はもちろん、縦方向である上下のスペースをいかにうまく活用するのかがカギとなります。

私達は10cmも無駄にしない家づくりを実現させる技術集団です。

 

 

地元密着を重視に!住んでからも安心できるサポート力

 

東京23区にエリアに特化した住宅会社として地域密着を大切にし、細かなサービスをお約束します。建築エリアを東京23区に限定することで、都会ならではの土地の特徴を熟知し問題が起きてもすぐに対応することが可能です。

地域密着だからこそできる!細かな対応で、住宅の建築はもちろん住み始めてからのサポートも安心してお任せください。

※東京23区以外でもできる限り対応させていただいております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

● 対応エリア

足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・中央区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区

 

工法・構造では選ばない あなたのための家づくりを

 

東京都でもたくさんのハウスメーカーや工務店が、さまざまな建物を建築しています。そしてほとんどの会社が「○○工法」「○○構造」などというフレーズで商品を展開しています。

しかし初めての家づくりの方には、どの工法が、この構造がと言われても、分からないと言うのが正直なところだと思います。M-LINEでは初めての家づくりの方のご要望に広く答えられる住宅を提案しています。

それが「工法・構造では選ばない あなたのための家づくり」です。

今まで培ってきた経験、ノウハウ、ネットワークを使い「木造~耐火構造」「重量鉄骨~RC造」「鉄骨+木造」「RC+木造等の混構造」など、他社が嫌がるもしくは面倒だと避けることを私たちは提案し続けます。

私たちM-LINEがお客様に後悔ない家づくりのために提案する。工法・構造に縛られない!家づくりです

 

知っておきたい 鉄骨・RC住宅の豆知識

 

 

 

免震住宅って何? 東京で安全高い住宅づくりを目指すために

 

自然豊かな国、日本。

春は桜、新緑の緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、たくさんの表情を見せてくれます。その一方世界の中でも有数の災害の発生率の高い国なのです。

地震を含め、大雨・台風・突風など、多く発生しています。未然に災害を防止することは不可能かもしれませんが、災害で発生するかもしれない被害を最小限に抑えることはできます。どの災害も恐ろしいのですが、今回は地震に注目し、耐震住宅と呼ばれている家の基準や構造などを解説します。

地震の災害を抑える方法としては、耐震の他にも制震や免震などの対策も近年では重要視され、対策を練っている住宅もあります。災害において発生するリスクをどう最小限に抑えられるのか、対策を講じることは可能なのか。幅広く考えてみましょう。

あなたの大切な家族を守る!効力のある耐震化にせまります。

 

免震住宅とは何?災害に強い家を把握しましょう

 

災害などの対策にはさまざまな方法があります。国や地域など大きな区分でしかできないものもあれば、一人一人が自ら取り組むことのできることももちろんあります。建物など設備に対して地震対策を行うものに、免震住宅にするという方法があります。

今回はいろいろな災害がある中から、地震災害に強い家を考えてみましょう。

 

<免震とは>

 

免震とは、地震などの被害を防止するために未然に施されている工法のひとつです。建物と基礎の間に免震装置と呼ばれるものを組み込み、地震の揺れを受け流します。いわゆる「建物を基礎部分から離し、建物自体に衝撃を伝えない」工法です。地震から起こる直接的な揺れを防ぐことが期待できます。

免震装置一般的に使用されているものとして、ローラーなどを設置しています。ローラーによって上と下が分かれた状態を作り、実際に地震が発生した場合土台から上の部分が移動するようになっています。

その他にも耐震住宅、制震住宅など災害に強い家にするための方法はたくさんあります。家族の命を守る家に興味のある方は、ぜひ一度お声がけください。さまざまな違いを分かりやすくお話しさせていただきます。

 

災害に強い家に鉄筋コンクリート(RC)造が選ばれる理由とは

 

M-LINEの家づくりは工法・構造に縛られない、大切な敷地を10㎝でも無駄にしない家づくりです。その中でも災害に強い家として鉄筋コンクリート(RC)造が選ばれています。

日本で初めての本格的なRC造共同住宅が始まったのは1924年と言われています。そのきっかけとなったのは、関東大震災です。関東大震災の復興のために設立された同潤会(1924年「大正13年」設立)により建設された「中之郷アパート」が起源とされています。

未曾有の被害を出してしまった関東大震災。その頃は木造家屋も多くあり、特に密集した市街地での被害が甚大なものでした。被害をより最小限に抑えるために掲げた目標が、不燃の鉄筋コンクリート造で住宅を供給することだったのです。

長い時間が経ちましたが、現在においても耐久性・耐火性・耐震性に優れた鉄筋コンクリート(RC)造は、万が一の災害にも強く、断熱性・遮音性にも優れた安心安全な建物として証明されています。

 

1.  耐久性

 

鉄筋コンクリート(RC)造住宅の法定耐用年数は47年。他の住宅と比較しても差は歴然です。こまめなメンテナンスを行うなどの日常の行動によっても、耐用年数を超えてもしっかりと使用できることが鉄筋コンクリート(RC)造の特徴です。

 

2.  耐火性

 

コンクリートそのものが不燃の素材です。木造・鉄骨造においては、防火性能を確保する不燃材での被覆が必要となります。耐火性能の良さは高く評価され、火災保険料率の低さが証明しています。

 

3.  耐震性

 

地震に強い鉄筋コンクリート(RC)造住宅。
阪神淡路大震災・東日本大震災などで建てられていた住宅は、しっかりとした形状を保ち続けています。(※ M-LINEで施工した建物の写真:左側)

 

どんなことにこだわりたいですか お気軽にご相談ください

 

快適な家を作ること。

家族が笑顔で暮らせる、健康に過ごせる家を作ること。

これを現実にすることは、言葉にするよりも難しいことです。そして家づくりは自分たちだけできるものではなく、建ててもらうためのパートナーの選定はとても重要な部分です。

自分たちが建てる住宅にどんなこだわりがあるのか。そしてここだけは譲れないポイントがあるのか。

小さなことでもいいのです。しっかりとパートナーに伝えてみましょう。M-LINEではどんな小さな声であっても、お客様の想いをくみ取り、最大限家づくりへ活かしていくことが大切と考えています。

諦める前にあなたの声を聞かせてください。一緒に家づくりを一歩進めていませんか?

お気軽にお声がけください。

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

 お名前
姓   名 
 メールアドレス
 電話番号
 -   - 
 ご住所
 - 

 ご連絡方法
 その他