ペット共生住宅という暮らし方

東京で鉄骨・RC併用住宅を建てるなら

 

ペットも家族 みんな一緒に暮らしたい

 

建物密集地の東京。広々とした何の障害もない土地とは違い、それは様々な悪条件や過酷な環境下での家づくりになる可能性も含んでいます。せっかくの敷地を無駄にしたくない!そんな願いを叶えます。

M-LINEでは、10cmも無駄にしない家づくりを目指し、「タテ」空間を使いこなす「多層階住宅」からペットも一緒に住める「ペット共生住宅」「賃貸併用住宅」など東京都内での家づくりを全力で応援します。

ペットは家族。みんなで仲良く一緒にずっと暮らしたい。私たちと一緒にその願い叶えてみませんか。

 

ペットと暮らす工夫も 自由自在に

 

ペット可ではなく ペットもひとりに

 

賃貸物件でもペットが一緒となると、探すことは安易ではありません。ペット可と見つけても必ずしもペットを飼っているお家だけではなく、気も遣いがちです。

お客様の相談の中でも「ペットものびのび自由に、私たちも心軽く生活を送るには・・・」というお悩みも多く、実際に相談も多くお伺いしています。それだけペットを飼いながら快適に過ごせる物件に需要があるとも言えます。

そこでM-LINEでは、ペットユーザーの声を集めたペット共生住宅をおすすめしています。ペットのことを考えた設備や周囲にも対応した環境も自由自在にプランニングすることができます。

 

ペットとの暮らしを求める人にも

 

今までのペット可賃貸では、ペットを飼ってもいい環境は提供ができても、ストレスなく暮らせていると聞かれると、周りに気を使うという方も多いのが現状でした。

自分たちがペットを家族として建てる住宅ならば、考え方でその先も広がってきます。それは「ペット共生型賃貸住宅」です。同じような悩みを持ったペットユーザーへ快適な環境を提供し家賃収入も!と可能性は広がります。

ペットを飼うオーナーだからこそできるサービスや、安心で快適な暮らしを提供することもできるのです。

 

ペットに優しい空間を

 

ペット可の賃貸物件ではなく「ペット共生型賃貸住宅」にすることで、自分たち家族にもペットと暮らす飼い主さんにも快適な専用設備も充実する事も。

ペットと暮らすことを前提とすることでペットと暮らす中で気になってしまうお部屋の傷みやニオイにも配慮。賃貸部分にも前もっていろいろな準備を施すことが可能です。

 

 

M-LINEで叶えた ペット共生住宅住宅

 

家族が元気で笑顔であれば・・・

やっぱりうれしいものです。

家族の中にもちろんペットも含まれています。

みんなが笑顔で過ごせる環境を、提供します。

 

ペットが暮らしやすい環境を考えて、生活に助かる設備を豊富にすることもひとつの方法です。

方法は決してひとつではありません。

私たちと一緒に、これからのペットと暮らす生活を考えてみませんか。

 

M-LINEはご縁があって知り合ったお客様に、笑顔で過ごしてくれる住宅を提供すること。

これが最大の使命です。

生活の新たな可能性をプランニングすることが大切なのです。

 

 

 

 

知っておきたい 鉄骨・RC住宅の豆知識

 

 

 

 

ペット共生住宅住宅という暮らし方を 考えてみましょう

 

我が家をペットとともに住める快適な環境にすることは、ペットユーザーにとっては叶えたい夢です。現在はライフスタイルの多様化も進み、暮らし方も日々変化しています。そして自分たちには家が建てられないけれどペットと快適な生活を考えている方は、たくさんいらっしゃいます。

そこでペットと住める我が家をワンランクアップさせ、ペットと住める賃貸住宅にしてみませんか。

昨今ペットとの共生を前提に造られたペット共生住宅に着目し、単なるペット可とはここが違う!そんなペット共生住宅を紹介します。

 

これからはみんなが一緒に暮らす時代

 

大好きなペットと暮らすことは、ペットユーザーにとっては幸せなひとときです。しかし賃貸などの場合、すべてがペットを飼っている訳ではなく、ペット可物件であってもトラブルにつながることも少なくはありません。近年はペット可物件も多くなってきましたが、まだまだ少ない現状です。数少ない物件の中から選ぶしかないというのが本音かもしれません。

近年注目を集めているのが「ペット共生住宅」です。ペット可の物件とニュアンスは似ていますが、そのコンセプトは一線を画するものです。ペットが快適な空間を提供するのはもちろん、飼い主の負担やストレスを軽減させるのがペット共生住宅です。

 

 

 

ペットと暮らしたい人はたくさんいます

 

ここではペット共生住宅とペット可物件の違いを比較してみましょう。

簡単に上げるだけでもこのような違いがあります。オーナーもペットを飼う人の気持ちが分かることで、理解度が違うので安心して暮らせる住宅が完成します。

 

ペット共生住宅として賃貸も

 

ペット共生住宅で賃貸をする場合、どんなメリットが考えられるのでしょうか。

ペット共生住宅を営むメリット

● 自分たちの好きなことで家賃収入が期待できる

自分たちも賃貸でペットを飼うことの難しさも知っているからこそ、いろいろな工夫もできます。そして自分たちの好きなことを仕事にできるという部分は最大のメリットです。部屋に対する対策や、周りにどういう環境を配置することでペットと暮らしやすくなるかなど、アイデアは無限大です。そういった対策は賃貸に対しての魅力を高めるだけでなく、長く賃貸を経営するためのリスク管理にもつながってきます。

● 周囲への配慮を自薦に配置することで、安心して暮らせる環境へ

ペットを飼って生活する中でトラブルにつながりやすい項目は、騒音とニオイの問題です。ペットと暮らすことを前提としているペット共生住宅ならば、多少のことはお互いさまと理解度があることもひとつのポイントです。お互いに悩みや、楽しみを共有できることは、居住者同士のコミュティにもつながります。

● ペットに配慮した設備も物件の魅力としてアピールできる

ペット可物件ではペットに配慮した設備がある物件を探すことは、とても難しいです。ペット共生住宅ならば、ペットのことを考えた設備も物件のアピールポイントにつながります。ペット専用の足洗い場や室内を自由に移動できる専用トビラ。元気なネコちゃんたちのためのキャットウォークなど、さまざまな設備を設置することも可能です。

 

 

ペット共生住宅だからこそ気をつけたいこと

 

ペット好きが集まる集合住宅のペット共生住宅ですが、そういう場所だからこそ気をつけておきたいポイントもあります。ペットのため環境ではありますが、しっかりと区別をつけることです。「お互い様でしょ」も度を過ぎてしまえば、思わぬトラブルになってしまう可能性も潜んでいます。

どこまでを許可して、そこまでを禁止するのか。しっかりとしたルール付け、しっかりとした管理が大切です。

 

パートナー選びも重要!賃貸管理の強い味方を探そう

 

しっかりとした建物を建ててもらうことはもちろん大切ですが、ペット共用住宅などの賃貸併用住宅を経営する場合、しっかりとした物件管理も有効的に活用できるのかを分ける大きな要素です。M-LINEでは、慣れない方でも安心して経営できる!手厚いオーナーサポートを提供しています。

 

 

東京での土地を最大限活かすため、10㎝も無駄にしない家づくりをご提案しています。ただし、私たちは大きさや空間の広さだけでなく、その土地が持っている潜在的な価値、すなわち、その土地に建てることができる様々な用途から家づくりの一歩を考える、そんな家づくりも提案いたします

 

ペットと暮らしたい その希望を叶えます

このページには直接アクセスできません。