税金対策

 

所有している資産に応じて正しく納税することは、私たちの国民の義務です。

しかし少しでも出費を抑えたいと誰しも思うことでしょう。

土地や不動産を所有していることで、固定資産税や所得税、住民税。

その土地の価値によって大きく変化する相続税など、多種多様の税金が課税されるのです。

基本的に空き地=休遊地として評価され、その評価額が高い傾向になっています。所有しているだけで重い税金が課せられるのです。

 

毎年の税金の負担も大きな問題ではありますが、大切な家族に負担を残してしまうのではないかと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

相続税に関する規定は民法に含まれています。

民法の中では、相続人とは、遺産とは、被相続人の権利とはなど、細かに規定されています。

この部分が相続法です。

長い間変化のなかった相続法ですが特に近年の状況では、平成27年1月1日より相続税の大幅な改正が行われました。

そのことで相続税は増税方向へ、贈与税は比較的緩和方向へと動き出しました。今後も様々な税金が増税へと動く可能性も否めません。

税金の特徴を知って、資産を正しく活かすことで家族も笑顔になれるのです。

土地の特徴や資産の価値をしっかりと見極めることで、税金の負担を軽減することも可能になります。

 

マンション経営は節税対策に有効

 

 

都心の狭小地を更地のままでの場合、毎年かかる税金で大変な出費となります。

その土地形状、ニーズを活かしたマンションを建てることにより、様々な税制対策ができます。

 

相続税対策に有効

 

 

大切な家族には、負担をかけたくない。

相続税に対して無関心ではいられない時代となってきました。

相続税の基本的な知識や節税にかかる特例制度などを理解して、今から節税や納税資金の準備なども重要なのです。

 

更地のままではなく、そこにマンションを建てることにより「貸家建付地」に変化します。

そのため土地の評価額が更地よりもおよそ20%下がり、建物の評価額は、固定資産税評価額からおよそ30%下がります

さらに小さい土地活用の後押しとなる「小規模宅地等の特例」をうまく活用しましょう。

「貸付事業用宅地等」にあてはまるマンションや賃貸併用住宅を建築する場合、200㎡以下の土地に対して50%の評価額減となります。

狭小地活用の強い味方です。

 

ダブルで活かすことにより、更地に比べておよそ40%減まで評価額を下げることが可能になります。

より大きく節税効果を期待することができます。

 

固定資産税・都市計画税の節税にも有効

 

 

相続税とは違い、毎年課税される税金となるのが「固定資産税」と「都市計画税」です。

このふたつは活用されていない更地であっても、毎年課税されています。

税金が同様に課税されるのであれば、その土地をしっかりと活用しましょう。

マンションを建築することにより「住宅用地の特例」を受けることができ、さらに200㎡以下の場合評価額が6分の1になります。

 

例えば、「住宅用地の特例(小規模住宅用地)」が適用される賃貸マンションを建築した場合は以下のような節税につながります。

固定資産税 3500万円×6分の1×1.4%=8万1666円

都市計画税 3500万円×3分の1×0.3%=3万4999円

マンション経営での収益は事業所得となります。

そのためマンションの維持のためにかかった諸費用は、経費として所得から控除することができ、万が一赤字となった場合には他の所得から差し引くこともできます。

健全な経営を目指すことで所得税・住民税の節税の効果も期待できます。

 

計画プランの作成から経営を支える収支計画まで しっかりサポート

 

 

マンションを立てる上で大切なことは、その地域に合うのニーズを知ること。

そして土地を活かす建物のバランスが生命線となります。

いくらいい土地であっても、その土地や建物の魅力を活かせなければ、価値は上がりません。

一方土地の広さなどにマイナス部分があっても、建物で価値を最大限に高めることも可能です。

土地のデメリットをどう活かし、プラスに変えられるのかが重要です。

 

 

M-LINEでは「10cmも無駄にしない土地活用術」など、今まで培ってきたノウハウを活かし、最適な土地活用をサポートしています。

土地最適化プランや収支計算書などを事前に作成することにより、お客様の資産を最大限お守りするご提案をいたします。

東京23区にエリアに特化した住宅会社だからこそできる!地域密着を大切にし、細かなサービスをお約束します。

建築エリアに特化することで、その土地の特徴を熟知し、問題が起きてもすぐに対応することが可能です。

マンションを建てた後のサポートも、安心してお任せください。